愛と別れの恋愛博物館〔第2回〕

グレース・ケリーとレーニエ大公/王妃になったシンデレラ女優

8852

仕組まれた出会い

古き良き時代のおとぎ話では、王子が見そめる相手はきまって、ひっそりと暮らす控え目な女性であった。美貌の持ち主であっても虚栄心の強い女性は、振られ役と相場が決まっていたのだ。

しかし、現代のおとぎ話は、地味な女性より生まれながらのスターを好むようだ。王子が選んだのは、「女優」という虚栄心の象徴のような職業をもった女性であった。それも、売り上げ不振に悩む大手雑誌が、起死回生に考えだした突飛な企画が縁結び役を果たしている。ゴシップ好きな連中にとって、これほど食卓を愉快にしてくれる話題はない。

ときは1955年5月。フランスで最も有名なイベント……カンヌ映画祭がまさに開かれようとしていた。話題を一身に集めていたのは、ハリウッドを代表して出席するグレース・ケリーだった。

近寄りがたいほどの美貌と気品をもったグレースは、『真昼の決闘』『裏窓』『泥棒成金』『喝采』などの作品によって、ハリウッド黄金時代のトップ女優になっていた。

そのグレースがカンヌ行きの荷作りをしている頃、『パリ・マッチ』誌の編集部では、カンヌ映画祭とグレースをセンセーショナルに扱った企画を考えていた。部数減に悩む『パリ・マッチ』にとっては、読者の関心をひくページがぜひともほしかった。

しかし、ありふれた企画ばかりで、なかなか名案が浮かばなかった。

「グレース・ケリーのパーティドレスを見せて、『ハイおしまい』では、読者にもあきられてしまうぜ」

そんな声がもれて、会議は重苦しいものになりかけていた。そのとき、編集主幹がやぶれかぶれに言った。

「モナコのレーニエ大公と彼女を会わせてみたらどうだ。ひょっとすると、大ロマンスが生まれるかもしれないぞ」

編集主幹が言い終えたとき、すでに会議室は興奮の頂点に達していた。

「それで決まりだ。大評判になるぞ」

「見出しは『魅惑の王子、映画界の女王と接見!』というのはどうだ?」

編集部員が興奮するのも無理はなかった。

レーニエ大公はヨーロッパで最も有名な独身男性で、玉の輿を狙うフランス女性にとっては究極のターゲットとなっていた。

そのレーニエ大公にグレース・ケリーを会わせる……この企画が実現すれば、『パリ・アッチ』の爆発的売れ行きは間違いのないところだった。

担当を命じられたピエール・ギャラントは、早速、根回しを開始した。モナコの王宮にさぐりを入れて、「カンヌ映画祭にやって来るグレース・ケリーが大公に会いたがっている。どうにかならないか」と打診した。レーニエ大公もグレースには関心をもっていたようで、すぐに王宮から「大公は喜んで会う」という返事が届いた。

第一関門は突破した。次は、グレースの承諾を得なくてはならない。

ヨーロッパの独身女性で、レーニエ大公との面会を断る世間知らずは1人もいないが、アメリカにもこの常識が通用するのかどうか。

ギャラントはこのことが気がかりだった。(ページ2に続く)

ページ:

1

2 3 4 5 6

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国に旅行に行く楽しみの最たるものは、やはりおいしい料理を食べることではないだろ…
  2. 江戸時代の町並みがよく残っていることから「小江戸」とも称される千葉県の佐原。本当…
  3. チヂミは、韓国では「ジョン」とも呼ばれる。この「ジョン」は昔から宮廷でも作られて…

注目記事のエッセンス1

記事「初心者でも大丈夫!おいしいキムチの作り方」

白菜は、塩漬けしたものを用意する。自宅で漬ける場合は、大きめのボールに入れた白菜の根元にまんべんなく塩を入れ込み、呼び水となる薄めの塩水を下に引いておく。呼び水を入れる理由は、日本の白菜は水分が少なめだからだ。
そして、重石をのせて一晩寝かせる。翌日に白菜の塩水を捨てながら、塩加減を調整していく。日本のおしんこより塩味が少し薄いくらいがちょうどいい。
また、面倒なときは、白菜の塩漬けを買ってくるという方法もある。
さらに、キムチ作りに欠かせないのが味の決め手となるヤンニョム。これをつくる際は、ごはんを入れることが大事なポイント。ごはんは糊の役目を果たし、キムチ全体にとろみを出してくれる。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。
そのチーズも2種類というのが基本。1つはモッツァレラチーズで、もう1つはチェダーチーズである。鉄板の中央に2種類のチーズがたっぷり載せられている光景は、まさに圧巻である。

ページ上部へ戻る