愛と別れの恋愛博物館〔第3回〕

王室の慣例にとらわれない式

イギリス国教会の最高指導者ランシー・カンタベリー大主教の太い声が寺院のドームに響く。

「死が2人を分かつまで愛し慰め合い、病めるときも健やかなときも、貞淑を守ることを誓うか」

チャールズ皇太子とダイアナ嬢は、はっきりと「はい」と答えた。

式が進むに連れてチャールズ皇太子は目に涙を浮かべ、あわててその涙をぬぐっていた。目は赤く、緊張しているのが手に取るようにわかる。

それは、ダイアナ嬢も同じだった。

誓いの言葉を述べる際、新しい夫のことを本来なら「チャールズ・フィリップ・アーサー・ジョージ」と呼ばなければならないのに、順番を間違えて「フィリップ・チャールズ・アーサー・ジョージ」と言ってしまった。

しかし、その間違いは取るに足らないことだった。参列者が注目したのは、そのあとである。

王室の結婚式では、妻が「これからは夫に服従します」と宣誓するのがならわしになっていた。エリザベス女王ももちろん結婚式でそう誓っている。

しかし、事前にダイアナ嬢はこの宣誓をしないことを決めていた。これにはチャールズ皇太子も「結婚は上下の関係ではなく、横の関係だ」と理解を示した。

2人が先例を破ったのはこれだけではない。実は、王室の結婚式は、ウェストミンスター寺院で行なわれるのが慣例となっており、エリザベス女王もアン王女もそれに従った。しかし、2人は話し合って、セントポール寺院に決めた。こちらのほうが音響効果が圧倒的にいいというのがその理由だった。

2人は、旧来のしきたりに縛られない、自由な風を王室に吹きこもうとしていた。

チャールズ皇太子は言う。

「新しい王室を築く上で、それにふさわしい人を選んだ。この感激は忘れない」

彼はこの「素敵な少女」を見つけたときのことを思いだす。そのとき、ダイアナ嬢は16歳だった。(ページ3に続く)

ページ:
1

2

3 4 5

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国に旅行に行く楽しみの最たるものは、やはりおいしい料理を食べることではないだろ…
  2. 江戸時代の町並みがよく残っていることから「小江戸」とも称される千葉県の佐原。本当…
  3. チヂミは、韓国では「ジョン」とも呼ばれる。この「ジョン」は昔から宮廷でも作られて…

注目記事のエッセンス1

記事「初心者でも大丈夫!おいしいキムチの作り方」

白菜は、塩漬けしたものを用意する。自宅で漬ける場合は、大きめのボールに入れた白菜の根元にまんべんなく塩を入れ込み、呼び水となる薄めの塩水を下に引いておく。呼び水を入れる理由は、日本の白菜は水分が少なめだからだ。
そして、重石をのせて一晩寝かせる。翌日に白菜の塩水を捨てながら、塩加減を調整していく。日本のおしんこより塩味が少し薄いくらいがちょうどいい。
また、面倒なときは、白菜の塩漬けを買ってくるという方法もある。
さらに、キムチ作りに欠かせないのが味の決め手となるヤンニョム。これをつくる際は、ごはんを入れることが大事なポイント。ごはんは糊の役目を果たし、キムチ全体にとろみを出してくれる。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。
そのチーズも2種類というのが基本。1つはモッツァレラチーズで、もう1つはチェダーチーズである。鉄板の中央に2種類のチーズがたっぷり載せられている光景は、まさに圧巻である。

ページ上部へ戻る