黒猫ミネットのおてんば日記(2016年6月17日)

DSCF8277

ゲージに入れるのに一苦労

いつも元気な我が家の愛猫のミネット。家族の誰かが家にいるときはゲージから出して遊ばせてあげるのですが、それぞれ会社に行ったり、遊びに行ったりして誰も家にいなくなってしまうこともあります。そういうときは可哀想だけどゲージの中に入れるしかありません。しかし、まだまだ遊びたいミネットは逃げ回って、なかなか入ってくれないのです。

おもちゃなどに興味を持たせて、寄ってきたところで抱っこしようと手を延ばすと、すぐに走り去ってしまいます。そうなるとこちらもだんだんイライラしてきて、つい声を荒げてしまうことも……。そうすると怖がってしまい、さらに捕まえにくくなってしまいます。

最近も、私が会社に行く前にミネットと20分くらい鬼ごっこして、ようやくゲージに入れることができました。出かけるころにはもうぐったりです。その後、出かけるときにミネットに「ごめんね」と言って、仕事から帰った後にたくさん遊んであげました。(ページ2に続く)

ページ:

1

2

関連記事

ピックアップ記事

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。彼女は、ドラマで描かれたような女性ではなかったのではないだろうか。そして、張禧嬪のほうは、伝えられているような悪女ではない一面も見えてくるのだが‥‥。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。

ページ上部へ戻る