黒猫ミネットのおてんば日記(2016年7月16日)

1468539996530

箱の中がお気に入り

猫は狭いところに入る習性がある。我が家のミネットも例外ではない。棚の扉を開けると、ミネットがやってきて中に潜り込むのだ。そんなミネットの最近のお気に入りは、身体がぴったりと収まる小さな箱の中だ。自由に家の中を歩かせていると、自分から箱の中に入る。遊び疲れて休んでいるのだろう。

私が朝起きて2階に上がると、ミネットが箱の中で丸まって寝ている姿を見ることがある。気持ちよさそうに寝ている姿がまた可愛い。あまりにも可愛いので、気持ちよく寝ているミネットを抱きかかえたくなるのだが、可哀想なのでそっとしといてあげる。まあ、音にとても敏感なので、少しでも音がすると、そっちのほうに顔を向けて固まったようにじっと見つめている。

狭いところに入りたがるミネット。棚の中に潜り込んでしまうこともあるが、そういうところは危険がいっぱいなので、私たち家族の手によってすぐに出されてしまう。そういう習性だから仕方ないのだが、危ないことだけはしてほしくないので、棚や冷蔵庫を開けるときはいつも注意している。(ページ2に続く)

ページ:

1

2 3

関連記事

ピックアップ記事

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。彼女は、ドラマで描かれたような女性ではなかったのではないだろうか。そして、張禧嬪のほうは、伝えられているような悪女ではない一面も見えてくるのだが‥‥。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。

ページ上部へ戻る