黒猫ミネットのおてんば日記(2016年10月21日)

脱走に注意

最近のミネットの行動を見ていると、部屋の外に出たがっているのがわかる。普段は、棒で開かないようにしているドアを必死に開けようとしているミネットの姿をよく見るからだ。
たまに抱きかかえて1階に連れて行ってあげようとするのだが、そうすると「お風呂場に連れていかれる」と思ってしまい、身体やドアにしがみついて嫌がる。自分の足でなら自由に行動ができるので1階に降りられるのだ。ただ、玄関のドアを開けるときに注意しなければならない。ミネットが家の外に飛び出してしまうかもしれないからだ。
私たち家族が部屋を出入りしようとすると、かならず寄ってくる。そのときに少しでも油断していると一瞬の隙をついて脱走する。そのときの素早さは見事なものだ。
現在、2階の部屋と廊下をつなぐドアを開けるときは、ミネットを抱きかかえてから開けるようにしている。これが一番の脱走防止策と言えるのではないだろうか。(ページ3に続く)

ページ:
1

2

3

関連記事

ピックアップ記事

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。彼女は、ドラマで描かれたような女性ではなかったのではないだろうか。そして、張禧嬪のほうは、伝えられているような悪女ではない一面も見えてくるのだが‥‥。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。

ページ上部へ戻る