黒猫ミネットのおてんば日記(2017年3月30日)

spc25wieR0hb7pH1490859690_1490859745

食べ物を欲しがらない

我が家のミネットは、あまり食べ物を欲しがろうとしない。家族の誰かが何かを食べていても、ただ見つめているだけなのである。たぶん「何を食べているんだろ?」くらいにしか思っていないのかもしれない。さらに、夕飯のときも、食べ物を狙ってテーブルの上を歩くのではなく、窓際で寝ていたりする。
もしかしたら、私たち家族が「これはダメだよ」と何度も言ってきたので、ミネットは「テーブルに上にあるものは、食べちゃいけないんだ」と覚えてしまったのかもしれない。そういった行動を見ると、「我が家のミネットは本当に賢いなー」と感心してしまう。私達家族がご飯を食べている間、ミネットは窓際で様子を窺うようにこちらを見ている。「みんな早く食べ終わらないかな」と思っているのだろうか。しかし、そうやって待っている間にいつのまにか眠っている。その姿がまた可愛くてたまらない。まさに我が家のアイドル猫である。もう他の猫を見ても、「うちのミネットには敵わないな」と思ってしまう。猫を飼っている家はどこも同じだと思うが、自分の家の猫が一番なのは間違いない。

ページ:
1

2

3

関連記事

ピックアップ記事

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。彼女は、ドラマで描かれたような女性ではなかったのではないだろうか。そして、張禧嬪のほうは、伝えられているような悪女ではない一面も見えてくるのだが‥‥。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。

ページ上部へ戻る