朝鮮王朝最高の名君だった世宗(セジョン)

「訓民正音」の作った理由

幼いころに多くの本を読んでいた世宗。そんな彼の一番の功績が、民族固有の文字である「訓民正音」の創製だ。
それ以前の朝鮮半島では、漢字が主体的に使われていた。しかし、それを使うことができたのは特権階級(官僚や知識人)の人たちだけで、一般庶民にとっては覚えるのが難しい文字だった。そんな様子を見て心を痛めた世宗は、民族固有の文字である「訓民正音(フンミンジョンウム/現在のハングル)」の創製に取り組んだ。




「訓民正音」が完成したのは1443年で、公布されたのは3年後の1446年である。
現在は広く浸透しているが、最初はあまり伝わらなかった。その理由は、漢字を使う特権階級の人たちが自分たちの特権を脅かされないようにするために、「訓民正音」の普及を妨げていたからだ。
世宗は1450年に世を去るが、「訓民正音」を創製したことで多くの尊敬を集めた。韓国の小学校にはかならず彼の銅像が立っている。朝鮮王朝最高の聖君と呼ばれた世宗は、まさに偉大な王だと言える。

文=康 大地(コウ ダイチ)
記事提供:「歴史カン・ヒボン」http://kanhibon.com/

絢爛たるパク・ボゴム!『雲が描いた月明り』の世子の役で大人気

笑顔に魅了されるパク・ボゴムの「笑わない表情」も素敵!

〔紹介〕常にファンのそばにいるイ・ジュンギが愛される理由

俳優チャン・グンソクは『テバク』で何を得たのか

ページ:
1 2

3

関連記事

注目記事のエッセンス1

記事「初心者でも大丈夫!おいしいキムチの作り方」

白菜は、塩漬けしたものを用意する。自宅で漬ける場合は、大きめのボールに入れた白菜の根元にまんべんなく塩を入れ込み、呼び水となる薄めの塩水を下に引いておく。呼び水を入れる理由は、日本の白菜は水分が少なめだからだ。
そして、重石をのせて一晩寝かせる。翌日に白菜の塩水を捨てながら、塩加減を調整していく。日本のおしんこより塩味が少し薄いくらいがちょうどいい。
また、面倒なときは、白菜の塩漬けを買ってくるという方法もある。
さらに、キムチ作りに欠かせないのが味の決め手となるヤンニョム。これをつくる際は、ごはんを入れることが大事なポイント。ごはんは糊の役目を果たし、キムチ全体にとろみを出してくれる。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。
そのチーズも2種類というのが基本。1つはモッツァレラチーズで、もう1つはチェダーチーズである。鉄板の中央に2種類のチーズがたっぷり載せられている光景は、まさに圧巻である。

ページ上部へ戻る