冬の肌のために必読!注目すべき5つの美容成分

5.白樺樹液

高原の白樺並木を想像してみてください。
爽やかな空気が漂いますよね。
アメリカやヨーロッパでは健康ドリンクとして、白樺樹液のジュースがココナッツウォーターに続くホットアイテムとして人気。
お肌を健やかに保ち、角質層に浸透してハリと潤いを与える保湿作用があります。




ガムに使われているキシリトールも含まれていて、北欧では「母なる樹」「森の看護師」と呼ばれています。伝統的にも、自然の薬として、民間療法や料理に重宝されていました。アミノ酸、ミネラル、ポリフェノール、グルコース、キシリトールなどのお肌への栄養がいっぱいです。サラサラでもしっとり感があります。
白樺の樹液がとれるのは雪解けの1か月間だけ。大地からの希少な恵みも何か神秘的なパワーを感じますよね。
いかがでしたか?
これから冬の真っ只中に必要な化粧品を探すのに役立ててください。

文=YooMin Kang

韓国女子に聞いてみる!完璧な美白肌を手に入れる7原則

美しさを保つ女優ハン・ヒョジュが大好きなものは?

これが冬の新しい定番!韓国コスメ・ファンデーション

ハリウッド・セレブのビューティー・シークレット〔絶妙ヒント編〕

ページ:
1 2 3 4

5

関連記事

注目記事のエッセンス1

記事「初心者でも大丈夫!おいしいキムチの作り方」

白菜は、塩漬けしたものを用意する。自宅で漬ける場合は、大きめのボールに入れた白菜の根元にまんべんなく塩を入れ込み、呼び水となる薄めの塩水を下に引いておく。呼び水を入れる理由は、日本の白菜は水分が少なめだからだ。
そして、重石をのせて一晩寝かせる。翌日に白菜の塩水を捨てながら、塩加減を調整していく。日本のおしんこより塩味が少し薄いくらいがちょうどいい。
また、面倒なときは、白菜の塩漬けを買ってくるという方法もある。
さらに、キムチ作りに欠かせないのが味の決め手となるヤンニョム。これをつくる際は、ごはんを入れることが大事なポイント。ごはんは糊の役目を果たし、キムチ全体にとろみを出してくれる。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。
そのチーズも2種類というのが基本。1つはモッツァレラチーズで、もう1つはチェダーチーズである。鉄板の中央に2種類のチーズがたっぷり載せられている光景は、まさに圧巻である。

ページ上部へ戻る