トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?

本当の悪女はどちら?

3つ目の根拠。
張禧嬪の息子は粛宗が亡くなった後、20代王・景宗(キョンジョン)として即位した。しかし、わずか4年で世を去ってしまった。
それによって、景宗の弟だった英祖(ヨンジョ)が21代王として即位した。英祖はまぎれもなくトンイの息子である。
しかし、父親である粛宗とまったく似ていなかったと言われている。景宗のほうは粛宗によく似ていたのだが、英祖はなぜかまったく似ていなかった。
英祖が即位した後に反乱が起きたが、その反乱軍が大義名分にしたのは、英祖が粛宗の子供ではないということだ。




当時はその噂は国中に広まっていた。事実であれば、トンイは粛宗以外の男性と男女関係を結んでいたことになる。その相手としては、トンイの黒幕だった金春沢(キム・チュンテク)の名も取り沙汰されている。
張禧嬪は作られた悪女である。実際、「朝鮮王朝実録」を読む限りにおいて、張禧嬪が悪行をした形跡はない。しかし、女官から王妃になったことで怨まれて様々な悪口を言われたのは事実である。
一方のトンイは、張禧嬪とは逆に悪女と呼ばれたことが一度もない。しかし、「朝鮮王朝実録」を読み、当時の状況を推察すると、張禧嬪よりトンイのほうが悪女だったと明確に思える。
ドラマでは、心の清らかな女性として描かれていたトンイ。果たして、実際はどんな女性だったのだろうか。

文=康 熙奉(カン ヒボン)
記事提供:「ロコレ」http://syukakusha.com/

康 熙奉(カン ヒボン)

1954年東京生まれ。在日韓国人二世。韓国の歴史・文化と、韓流および日韓関係を描いた著作が多い。特に、朝鮮王朝の読み物シリーズはベストセラーとなった。主な著書は、『知れば知るほど面白い朝鮮王朝の歴史と人物』『朝鮮王朝の歴史はなぜこんなに面白いのか』『日本のコリアをゆく』『徳川幕府はなぜ朝鮮王朝と蜜月を築けたのか』『悪女たちの朝鮮王朝』『宿命の日韓二千年史』『韓流スターと兵役』など。最新刊は『いまの韓国時代劇を楽しむための朝鮮王朝の人物と歴史』

朝鮮王朝三大悪女は誰なのか

決定版!朝鮮王朝を揺るがせた「5人の悪女」

朝鮮王朝三大悪女の張禧嬪(チャン・ヒビン)の哀れな最期!

最高峰から奈落の底に落ちた鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)!

燕山君(ヨンサングン)の側室の張緑水(チャン・ノクス)は朝鮮王朝三大悪女で一番強欲!

張禧嬪(チャン・ヒビン)!側室に転落した王妃

ページ:
1 2

3

関連記事

ピックアップ記事

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。彼女は、ドラマで描かれたような女性ではなかったのではないだろうか。そして、張禧嬪のほうは、伝えられているような悪女ではない一面も見えてくるのだが‥‥。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。

ページ上部へ戻る