奇皇后の波瀾万丈の人生!

 

中国大陸を支配した元によって13世紀に占領された高麗王朝は、以後、元に服従せざるをえなかった。元は多くの貢ぎ物を高麗王朝に要求した。その1つが、「貢女(コンニョ)」だった。多くの女性を差し出せということだ。

元に渡った奇皇后

貢女の要求は過酷だった。
困った高麗王朝は、貢女を出す家には十分な報酬を出すことにした。それでも応じる人はおらず、仕方なく、罪人や奴婢の妻や娘たちを強制的に集めた。それは、本当に悲しい歴史だった。
そんな中で特殊な例だったのが奇皇后だ。彼女は、下級官僚の奇子敖(キ・ジャオ)の娘で、大変な美人だった。
その奇皇后が元に渡ったのは1333年と推定される。彼女の美貌を利用しようとしたのが、高麗出身の宦官(かんがん)だった高龍普(コ・ヨンボ)だ。奇皇后を皇室付きの女性として推薦することで、立場を強くしようと考えたのだ。




事実、12代皇帝トゴン・テムルは奇皇后に惚れ込み、すぐに彼女を側室にした。
嫉妬したのが、トゴン・テムルの正室のタナシルリだ。
彼女は奇皇后に敵意を抱いた。
タナシルリは元の重臣のエル・テムルの娘だった。それで正室になれたのだが、トゴン・テムルとエル・テムルが厳しく対立するようになると、タナシルリの立場も危うくなっていった。
ストレスが強くなったタナシルリは、奇皇后を執拗にいじめた。鞭で叩いたり、熱した焼きごてを肌にあてたり……。(ページ2に続く)

トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?

粛宗(スクチョン)の母が張禧嬪(チャン・ヒビン)を王宮から追い出した!

『華政』の主人公/貞明(チョンミョン)公主の人生!

ファン・ジニ(黄真伊)の華麗なる人生に迫る!

ページ:

1

2 3

関連記事

注目記事のエッセンス1

記事「初心者でも大丈夫!おいしいキムチの作り方」

白菜は、塩漬けしたものを用意する。自宅で漬ける場合は、大きめのボールに入れた白菜の根元にまんべんなく塩を入れ込み、呼び水となる薄めの塩水を下に引いておく。呼び水を入れる理由は、日本の白菜は水分が少なめだからだ。
そして、重石をのせて一晩寝かせる。翌日に白菜の塩水を捨てながら、塩加減を調整していく。日本のおしんこより塩味が少し薄いくらいがちょうどいい。
また、面倒なときは、白菜の塩漬けを買ってくるという方法もある。
さらに、キムチ作りに欠かせないのが味の決め手となるヤンニョム。これをつくる際は、ごはんを入れることが大事なポイント。ごはんは糊の役目を果たし、キムチ全体にとろみを出してくれる。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。
そのチーズも2種類というのが基本。1つはモッツァレラチーズで、もう1つはチェダーチーズである。鉄板の中央に2種類のチーズがたっぷり載せられている光景は、まさに圧巻である。

ページ上部へ戻る