新兵訓練でみんなが一番いやがるのが化学ガス訓練!

たった一度だけ

「時間にしたら、本当に短い時間だと思うんですよ。でも、僕には何時間にも感じられましたね。強烈な催涙ガスを浴びるので、涙や鼻水やヨダレが止まらなくなり、もう信じられないくらいに苦痛なんですよ。一度、あの催涙ガスを浴びたらわかります。人間はこんなにも涙や鼻水やヨダレが出るものなのか、とビックリしてしまいます。本当につらい訓練でしたが、たった一度だけだから良かったです。あんな訓練を何回もやるなら、脱走兵が多くなってしまうでしょうね」
このように、体験者が生々しく語っていた。




確かに、たった一度だけだから我慢できるのかもしれない。何度もさせられたら、新兵も精神的にまいってしまうだろう。
新兵訓練で化学ガス訓練を受けた人の感想はみんな同じ。つまり、二度とあの訓練は受けたくないということだ。
このように、化学ガス訓練は、確かにとてもつらい訓練なのだが、これを経験すると、精神的にも強くなったという自信が持てるという。そういう意味では、軍人としての精神強化のための訓練とも言える。
兵役を終えた韓流スターも、化学ガス訓練を経験している。あの体験が、その後のキャリアにどのように役だっているのだろうか。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

芸能人の兵役が気になったらまず知るべき基本知識!

韓流スターはどんな準備をして兵役に入っていくのか

ヒョンビンとソン・ジュンギ!兵役で名をあげた俳優

俳優チャン・グンソクは『テバク』で何を得たのか

絢爛たるパク・ボゴム!『雲が描いた月明り』の世子の役で大人気

ページ:
1

2

関連記事

注目記事のエッセンス1

記事「初心者でも大丈夫!おいしいキムチの作り方」

白菜は、塩漬けしたものを用意する。自宅で漬ける場合は、大きめのボールに入れた白菜の根元にまんべんなく塩を入れ込み、呼び水となる薄めの塩水を下に引いておく。呼び水を入れる理由は、日本の白菜は水分が少なめだからだ。
そして、重石をのせて一晩寝かせる。翌日に白菜の塩水を捨てながら、塩加減を調整していく。日本のおしんこより塩味が少し薄いくらいがちょうどいい。
また、面倒なときは、白菜の塩漬けを買ってくるという方法もある。
さらに、キムチ作りに欠かせないのが味の決め手となるヤンニョム。これをつくる際は、ごはんを入れることが大事なポイント。ごはんは糊の役目を果たし、キムチ全体にとろみを出してくれる。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。
そのチーズも2種類というのが基本。1つはモッツァレラチーズで、もう1つはチェダーチーズである。鉄板の中央に2種類のチーズがたっぷり載せられている光景は、まさに圧巻である。

ページ上部へ戻る