コン・ユ主演の『トッケビ』は魂の不滅を抒情的に描いたドラマ!

四度の人生を経験する

果たして、「トッケビの花嫁」はどこにいる?
東西を駆けめぐりながら探していたキム・シンの前に現れたのが、キム・ゴウンが扮したウンタクだった。
彼女には幽霊が見えていた。
同じく、剣までも……。
こんな不思議な世界を奔放に旅する快感を味わわせてくれるのが『トッケビ』というドラマの真髄だ。




このドラマは同時に、人間の輪廻転生も描いている。
それは、キム・シンが語るこんなセリフに現れている。
「人間は生まれ変わって四度の人生を経験する……一度目は種を植え、二度目は水をやり、三度目に収穫して、四度目に食べる」
この言葉は視聴者に不思議な暗示をかける。
一体、自分は何度目の人生を歩んでいるのだろうか、と。(ページ3に続く)

コン・ユ主演の『トッケビ』がこんなにも面白い理由とは?

今の韓国ドラマなら『トッケビ』を絶対見たい!

『トッケビ』で演技を絶賛されたコン・ユ

『トッケビ』を見ているとコン・ユのすごさがわかる!

https://goo.gl/AqYkMT

『トッケビ』のコン・ユ!出演依頼を5年も断った彼の演技は?

https://goo.gl/ePDuSH

ページ:
1

2

3

ピックアップ記事

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。

ページ上部へ戻る