コン・ユ主演の『トッケビ』は魂の不滅を抒情的に描いたドラマ!

韓国人の死生観

「自分は何度目の人生を歩んでいる?」と自問自答していると、やたらと気になるのが、イ・ドンウクが演じる死神の存在だ。
この死神は、死にゆく人を天界に導く役割を持っているが、深刻な様子はまったくなく、道で出会った女性に一目惚れするような人間くさい一面を持っている。
そんな死神がキム・シンと同居することで、物語は重層的な展開を見せていく。




韓国人の死生観は歴史的に「人が死ねば魂は空に上がり、肉体は地に還(かえ)る」というものだった。そして、その魂はときおり地上に戻ってくるので、子孫は祭祀を行なって先祖を迎えた。
このように、たとえ死んでも魂は不滅なのである。
そうした死生観を巧みなストーリーと美しい映像で描いたのが、ドラマ『トッケビ』の本質だった。
韓国で絶大な人気を集めたのも、相応の理由があったのである。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

コン・ユ主演の『トッケビ』がこんなにも面白い理由とは?

今の韓国ドラマなら『トッケビ』を絶対見たい!

『トッケビ』で演技を絶賛されたコン・ユ

『トッケビ』を見ているとコン・ユのすごさがわかる!

https://goo.gl/AqYkMT

『トッケビ』のコン・ユ!出演依頼を5年も断った彼の演技は?

https://goo.gl/ePDuSH

ページ:
1 2

3

関連記事

ピックアップ記事

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。彼女は、ドラマで描かれたような女性ではなかったのではないだろうか。そして、張禧嬪のほうは、伝えられているような悪女ではない一面も見えてくるのだが‥‥。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。

ページ上部へ戻る