『イニョプの道』が描く歴史が興味深い!

 

最近の韓国時代劇は、朝鮮王朝の建国当初を描いた作品が多いが、『イニョプの道』もその1つだ。物語の骨子は、「高貴な生まれのお嬢様が陰謀に巻き込まれて没落。苦境の中から必死に這い上がっていく」というものだ。




苦難の道を行く主人公

『イニョプの道』では、まさに韓国ドラマが大好きな「頂上から転落へ、しかし、どん底から再起へ」という展開が存分に見られる。
ストーリーのあらましを見てみよう。
舞台は15世紀初頭だ。
高麗王朝が滅んで朝鮮王朝になってからまだ間がない頃である。
良家の娘イニョプは裕福な暮らしを享受していたが、名家の御曹司ウンギと婚礼の日に、天国から地獄に落とされる。
イニョプの父が陰謀に巻き込まれて逆賊として処刑され、イニョプは奴婢(最下層の身分)にさせられてしまうのだ。
絶望の淵に立たされたイニョプだが、2人の男性に支えられる。1人はウンギであり、もう1人は同じ境遇のムミョンであった。
この2人に助けられながら、イニョプは父の無実を証明しようと立ち上がる。しかし、陰謀はあまりに底知れぬものだった……。




とにかく、『イニョプの道』を見ていると、本当にイニョプの境遇にハラハラさせられてしまう。
果たして「ここまで奈落の底に突き落とされる女性がいるのか」というほど彼女は苦難の道を歩くのだ。
(ページ2に続く)

李成桂(イ・ソンゲ)はこうして初代王の太祖(テジョ)になった

李芳遠(イ・バンウォン)は太宗(テジョン)となっても継母を恨んだ

トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?

朝鮮王朝三大悪女の鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)は救いようがない悪女!

張禧嬪(チャン・ヒビン)!側室に転落した王妃

ページ:

1

2

関連記事

各ジャンルの紹介

本サイトは以下のようなジャンルに分類されています。左上にカラーで色分けされた各ジャンルがありますので、それぞれにクリックをして目的のジャンルにアクセスしてください。

〔各ジャンルの分類〕
●オススメ記事
●韓流
・韓流スター
・トッケビ
・ドラマ
・兵役
●ヘルシー
●ビューティー
●グルメ
●韓国時代劇の人物
●歴史
・日本の歴史
・韓国の歴史
●旅行/エッセイ
・旅行
・散策
・ワガマ散歩
・恋愛博物館
・黒猫ミネット日記
●編集部

注目記事のエッセンス1

記事「初心者でも大丈夫!おいしいキムチの作り方」

白菜は、塩漬けしたものを用意する。自宅で漬ける場合は、大きめのボールに入れた白菜の根元にまんべんなく塩を入れ込み、呼び水となる薄めの塩水を下に引いておく。呼び水を入れる理由は、日本の白菜は水分が少なめだからだ。
そして、重石をのせて一晩寝かせる。翌日に白菜の塩水を捨てながら、塩加減を調整していく。日本のおしんこより塩味が少し薄いくらいがちょうどいい。
また、面倒なときは、白菜の塩漬けを買ってくるという方法もある。
さらに、キムチ作りに欠かせないのが味の決め手となるヤンニョム。これをつくる際は、ごはんを入れることが大事なポイント。ごはんは糊の役目を果たし、キムチ全体にとろみを出してくれる。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。

ページ上部へ戻る