仁祖(インジョ)は貞明公主(チョンミョンコンジュ)に特別待遇を与えた!

 

1623年、光海君(クァンヘグン)が廃位となり、16代王・仁祖(インジョ)が即位した。当時、光海君の継母であった仁穆(インモク)王后と娘の貞明公主(チョンミョンコンジュ)は離宮に幽閉されていたが、新しい国王になって解放された。そのとき、貞明公主は20歳だった。

写真=韓国MBC『華政』公式サイトより

国王が乗る馬

王族女性の場合は10代前半に結婚するケースが多かった。
いくら遅くても10代後半までには婚姻を終えていて、20歳まで未婚というのは異例だった。
しかし、貞明公主の場合は仕方がなかった。なにしろ、幽閉されていたのだから。
ようやく自由の身となった。すぐに貞明公主の婿選びが始まり、良家の御曹司であった洪柱元(ホン・ジュウォン)が夫に決まった。
彼は貞明公主より3歳下だった。
2人の結婚式は盛大に行なわれた。




当時、国王が乗る馬のことを「御乗馬(オスンマ)」と呼んだが、この御乗馬が貞明公主の結婚式に使われた。
それほど、貞明公主は優遇されたのだ。
しかし、御乗馬が使われたことがあとで大問題になった。
(ページ2に続く)

仁祖(インジョ)!弟の復讐を果たして即位

『華政』の主人公/貞明(チョンミョン)公主の人生!

光海君(クァンヘグン)の斬首を執拗に主張した仁穆(インモク)王后!

光海君(クァンヘグン)!暴君ではなく名君?

金介屎(キム・ゲシ)!光海君(クァンヘグン)の裏で暗躍した女官

ページ:

1

2

関連記事

注目記事のエッセンス1

記事「初心者でも大丈夫!おいしいキムチの作り方」

白菜は、塩漬けしたものを用意する。自宅で漬ける場合は、大きめのボールに入れた白菜の根元にまんべんなく塩を入れ込み、呼び水となる薄めの塩水を下に引いておく。呼び水を入れる理由は、日本の白菜は水分が少なめだからだ。
そして、重石をのせて一晩寝かせる。翌日に白菜の塩水を捨てながら、塩加減を調整していく。日本のおしんこより塩味が少し薄いくらいがちょうどいい。
また、面倒なときは、白菜の塩漬けを買ってくるという方法もある。
さらに、キムチ作りに欠かせないのが味の決め手となるヤンニョム。これをつくる際は、ごはんを入れることが大事なポイント。ごはんは糊の役目を果たし、キムチ全体にとろみを出してくれる。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。
そのチーズも2種類というのが基本。1つはモッツァレラチーズで、もう1つはチェダーチーズである。鉄板の中央に2種類のチーズがたっぷり載せられている光景は、まさに圧巻である。

ページ上部へ戻る