光海君(クァンヘグン)は兄弟同士の争いを経て国王になった!

臨時の決定

2人の兄弟の中で、臨海君のほうは加藤清正の軍勢の捕虜になってしまった。その結果、臨海君は加藤清正軍が転戦する度に引っ張りまわされ、さらには、和睦交渉の材料にまでされてしまった。これは臨海君にとって最大の屈辱だった。
一方、臨海君と違って光海君は、義兵を集めて戦功をあげた。貢献度という面では、兄の臨海君とは雲泥の差であった。
それを恥じたのか、臨海君は釈放されたあとも生活が荒れてしまって、さらに評判を悪くした。




結局、戦乱の中で後継者を早く決めなければならない立場に追い込まれた宣祖は、世子として光海君を指名した。
しかし、あくまでも臨時の決定であった。
朝鮮出兵が終わり、ひとときの安定を取り戻すと、朝鮮王朝でも再び後継者問題が重要になってきた。
やがて大きな変化があった。
宣祖が二番目の王妃として迎えた仁穆(インモク)王后が1606年に嫡子の永昌大君(ヨンチャンデグン)を産んだのだ。
(ページ3に続く)

朝鮮王朝の怪物国王!光海君(クァンヘグン)

金介屎(キム・ゲシ)!光海君(クァンヘグン)の裏で暗躍した女官

光海君(クァンヘグン)の斬首を執拗に主張した仁穆(インモク)王后!

光海君(クァンヘグン)!暴君ではなく名君?

仁祖(インジョ)!弟の復讐を果たして即位

ページ:
1

2

3

関連記事

ピックアップ記事

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。彼女は、ドラマで描かれたような女性ではなかったのではないだろうか。そして、張禧嬪のほうは、伝えられているような悪女ではない一面も見えてくるのだが‥‥。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。

ページ上部へ戻る