パク・ボゴムの謙虚さを見ていると誰もが応援したくなる

数々の試練を乗り越えて

常に謙虚なパク・ボゴムを見ていると、素直にこう思える。
「よほど育ちがいいのかな」
しかし、実際のパク・ボゴムはそうではなかった。
彼は、厳しい境遇の中で成長している。小学生のときに母親が亡くなっており、とても辛い日々を過ごした。
中学生のときは父親が起業したのだが、多額の借金を背負ってしまい、なんと中学生のパク・ボゴムも連帯保証人として負債がのしかかってきたという。その精神的な重圧たるや、いかばかりだっただろうか。さらには、俳優活動を始めたあとも、負債のために自己破産をせざるをえなかった。




こうした出来事を振り返ってみても、パク・ボゴムには様々な試練があったと言わざるを得ない。
そうした試練の中で、パク・ボゴムは卑屈になってしまったのだろうか。
いや、決してそうではない。むしろ、他人への思いやりや前向きな人生観を身につけたのである。
そんな彼だからこそ、多くの人がパク・ボゴムを応援したくなるのだ。

映画『徐福』でマルチな才能を開花させるパク・ボゴム!

パク・ボゴムが演じたイ・ヨンは当代随一の当たり役!

笑顔に魅了されるパク・ボゴムの「笑わない表情」も素敵!

絢爛たるパク・ボゴム!『雲が描いた月明り』の世子の役で大人気

ページ:
1

2

関連記事

ピックアップ記事

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。彼女は、ドラマで描かれたような女性ではなかったのではないだろうか。そして、張禧嬪のほうは、伝えられているような悪女ではない一面も見えてくるのだが‥‥。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。

ページ上部へ戻る