『黄金の私の人生』を見るとパク・シフが輝いている!

 

韓国のKBSで放送されて最高視聴率が47.5%に達した記録的な大ヒットドラマ『黄金の私の人生』。このドラマを見ていると、つくづく、パク・シフがタイトルのように輝いていたと実感することができる。




脚本家への信頼

パク・シフが『黄金の私の人生』で演じたのは財閥御曹司のチェ・ドギョンだった。
数々のヒット作に主演してきたパク・シフは、『黄金の私の人生』の場合、台本を読まないで出演を快諾したという。
彼ほどの人気俳優ならもっと慎重になるはずなのに、その決定は大胆だ。
その理由は何だったのか。
本人はこう語っている。
「私は台本を見ないでこのドラマを選びました。以前、『検事プリンセス』で組ませていただいたソ・ヒョンギョン作家からオファーを頂きまして、喜んでお引き受けいたしますとお答えしました」




「今回はソ・ヒョンギョン作家を信じて出演を承諾したわけです」
なるほど。パク・シフは脚本家を心から信頼し、「間違いない」と信じて『黄金の私の人生』への出演を決めたのであった。
(ページ2に続く)

今の韓国ドラマなら『トッケビ』を絶対見たい!

コン・ユ主演の『トッケビ』がこんなにも面白い理由とは?

パク・ボゴムの謙虚さを見ていると誰もが応援したくなる

「世界で最も美しい顔100人」に韓国芸能界から選ばれた17人とは?

俳優イ・ジュンギの流儀!全力で演技して常に挑戦し続ける

ページ:

1

2 3

関連記事

ピックアップ記事

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。彼女は、ドラマで描かれたような女性ではなかったのではないだろうか。そして、張禧嬪のほうは、伝えられているような悪女ではない一面も見えてくるのだが‥‥。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。

ページ上部へ戻る