貞明(チョンミョン)公主!苦難を乗り越えて大地主になった王女

7男1女の母

あせりを感じた母の仁穆王后は、必死の思いで婿を探し、貞明公主はようやく3歳年下の洪柱元(ホン・ジュウォン)と結婚することができた。
さらに、貞明公主は豪華な屋敷と広大な土地を与えられ、結婚後は王宮の外で裕福な暮らしを享受することができた。とにかく、朝鮮王朝で女性としては一番の大地主だったと言われている。
しかし、仁穆王后が1632年に亡くなったあと、仁祖が手のひらを返して冷たくなってしまった。




そのせいで、貞明公主は陰謀によって処罰される危機を迎えながら、最後は「公主」という立場が効いて、無事に人生を全うすることができた。
夫の洪柱元との間にもうけた子供は7男1女だった。貞明公主は8人の子供の母であったのだ。
1682年、79歳になった貞明公主は息子たちに一つの文書を残している。それは、貞明公主が長い人生の中で身につけた「生きる知恵」であった。(ページ3に続く)

仁祖(インジョ)は貞明公主(チョンミョンコンジュ)に特別待遇を与えた!

『華政』の主人公/貞明(チョンミョン)公主の人生!

朝鮮王朝で一番美しい王女と呼ばれた敬恵(キョンヘ)王女

朝鮮王朝三大悪女の鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)は救いようがない悪女!

トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?

ページ:
1

2

3

関連記事

各ジャンルの紹介

本サイトは以下のようなジャンルに分類されています。左上にカラーで色分けされた各ジャンルがありますので、それぞれにクリックをして目的のジャンルにアクセスしてください。

〔各ジャンルの分類〕
●オススメ記事
●韓流
・韓流スター
・トッケビ
・ドラマ
・兵役
●ヘルシー
●ビューティー
●グルメ
●韓国時代劇の人物
●歴史
・日本の歴史
・韓国の歴史
●旅行/エッセイ
・旅行
・散策
・ワガマ散歩
・恋愛博物館
・黒猫ミネット日記
●編集部

注目記事のエッセンス1

記事「初心者でも大丈夫!おいしいキムチの作り方」

白菜は、塩漬けしたものを用意する。自宅で漬ける場合は、大きめのボールに入れた白菜の根元にまんべんなく塩を入れ込み、呼び水となる薄めの塩水を下に引いておく。呼び水を入れる理由は、日本の白菜は水分が少なめだからだ。
そして、重石をのせて一晩寝かせる。翌日に白菜の塩水を捨てながら、塩加減を調整していく。日本のおしんこより塩味が少し薄いくらいがちょうどいい。
また、面倒なときは、白菜の塩漬けを買ってくるという方法もある。
さらに、キムチ作りに欠かせないのが味の決め手となるヤンニョム。これをつくる際は、ごはんを入れることが大事なポイント。ごはんは糊の役目を果たし、キムチ全体にとろみを出してくれる。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。

ページ上部へ戻る