朝鮮王朝の怪物国王!光海君(クァンヘグン)(再読版)

光海君を見直す動き

光海君の取り巻きが悪評を受けるようになると、兄弟たちを殺害した過去が蒸し返され、光海君を王から引きずりおろそうとする動きが活発になった。
1623年、クーデターによって光海君は宮廷から追放された。その結果、クーデターを主導した仁祖(インジョ)が16代王になった。




最終的に光海君は済州島(チェジュド)に島流しとなり、1641年に66歳で生涯を終えた。
同じ廃位でも、光海君は燕山君(ヨンサングン)とはまるで違った。
光海君自身は乱行に及んでいない。ただ、激しい派閥争いに巻き込まれて、要らぬ恨みを買ってしまった。
しかし、時間の経過が光海君に光を当てた。
当時の歴史研究が進む中で、光海君の善政が見直されてきた。彼は能力的には「怪物」に匹敵する国王だった。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

光海君について紹介している『いまの韓国時代劇を楽しむための朝鮮王朝の人物と歴史』(康熙奉〔カン・ヒボン〕著/実業之日本社)

康 熙奉(カン ヒボン)
1954年東京生まれ。在日韓国人二世。韓国の歴史・文化と、韓流および日韓関係を描いた著作が多い。特に、朝鮮王朝の読み物シリーズはベストセラーとなった。主な著書は、『知れば知るほど面白い朝鮮王朝の歴史と人物』『朝鮮王朝の歴史はなぜこんなに面白いのか』『日本のコリアをゆく』『徳川幕府はなぜ朝鮮王朝と蜜月を築けたのか』『悪女たちの朝鮮王朝』『宿命の日韓二千年史』『韓流スターと兵役』など。最新刊は『いまの韓国時代劇を楽しむための朝鮮王朝の人物と歴史』

光海君(クァンヘグン)は兄弟同士の争いを経て国王になった!

光海君(クァンヘグン)!暴君ではなく名君?

金介屎(キム・ゲシ)!光海君(クァンヘグン)の裏で暗躍した女官

光海君(クァンヘグン)の斬首を執拗に主張した仁穆(インモク)王后!

仁祖(インジョ)!弟の復讐を果たして即位

ページ:
1 2

3

関連記事

ピックアップ記事

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。彼女は、ドラマで描かれたような女性ではなかったのではないだろうか。そして、張禧嬪のほうは、伝えられているような悪女ではない一面も見えてくるのだが‥‥。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。

ページ上部へ戻る