燕山君(ヨンサングン)の次に即位した中宗(チュンジョン)は王の器でなかった!

社会の混乱に便乗する勢力

いくら趙光祖の言葉でも、中宗はそのまま受け入れるわけにはいかなかった。
「臣下の者たちがもめてはいけない。それこそ国が混乱してしまうではないか」
こう言って、中宗は趙光祖の申し出を退けた。
その後、趙光祖は7回に渡って嘆願してきたが、中宗は首を縦に振らなかった。
落胆した趙光祖は、若い支援者と共に辞職した。
中宗は直々に復職を求めたのだが、趙光祖も頑固だった。
その過程で、結果的に中宗はクーデターの多くの功労者たちの武勲を剥奪したのだが、あまりにも強引な趙光祖に少しずつ不信感をもつようになった。
とはいえ、趙光祖ほど有能な人物がいないことも確かであり、中宗は彼を強く拒むこともできなかった。




しかし、王の心が趙光祖から離れたことを確認した勲旧派たちは、「今までの怨みを晴らしてやる」といきりたった。
そんなとき、朝鮮半島を大きな地震が襲った。
不安におそれおののく人々。こうした社会の混乱を好機ととらえる勢力があった。
趙光祖に反旗をひるがえした人たちは、どさくさにまぎれて王宮の中の葉っぱに蜂蜜で「走肖為王」という漢字を書いた。
これは、虫が蜂蜜の部分だけを食べて文字が自然に浮かびあがったように見せる細工でもあった。
(ページ3に続く)

燕山君(ヨンサングン)と中宗(チュンジョン)!王朝を混乱させた2人の王

燕山君(ヨンサングン)が廃位となり中宗(チュンジョン)が王になった!

中宗(チュンジョン)!優柔不断な国王

『七日の王妃』の端敬(タンギョン)王后はなぜ復位できなかったのか

文定(ムンジョン)王后!悪名高き王妃

ページ:
1

2

3

関連記事

ピックアップ記事

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。彼女は、ドラマで描かれたような女性ではなかったのではないだろうか。そして、張禧嬪のほうは、伝えられているような悪女ではない一面も見えてくるのだが‥‥。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。

ページ上部へ戻る