燕山君(ヨンサングン)の次に即位した中宗(チュンジョン)は王の器でなかった!

理想がない統治

「走肖為王」の「走肖」とは「趙」のことで、「趙光祖が王になる」という意味だった。この葉を自ら仕込んだ者が、中宗に接見して言った。
「これをご覧ください。大問題でございます。趙光祖の思い上がった態度が葉っぱに現れています」
中宗も葉を見て仰天した。
すかさず、命令を出した。
「ただちに趙光祖をとらえ、官職を剥奪した上で島流しにせよ!」
しかし、趙光祖を慕う者たちが大挙して、無罪を主張し始めた。その姿を見た中宗は、かえって不気味に思った。




「ここまで人心を掌握しているとは……。まさか、本当に彼は王位を狙っているのではないのか」
それは恐怖に似た感情だった。
1519年12月、中宗は趙光祖を死罪にした。しかし、一方的な勘違いで殺された趙光祖は、中宗を恨むことなく素直に受け入れた。それこそが、彼が追い求めた理想の忠臣の姿だった。
そんな趙光祖を失って、中宗の統治に理想がなくなってしまった。
結局、中宗は王の座に君臨する器ではなかった、と言わざるをえない。

文=慎 虎俊(シン・ホジュン)

燕山君(ヨンサングン)と中宗(チュンジョン)!王朝を混乱させた2人の王

燕山君(ヨンサングン)が廃位となり中宗(チュンジョン)が王になった!

中宗(チュンジョン)!優柔不断な国王

『七日の王妃』の端敬(タンギョン)王后はなぜ復位できなかったのか

文定(ムンジョン)王后!悪名高き王妃

ページ:
1 2

3

関連記事

ピックアップ記事

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。彼女は、ドラマで描かれたような女性ではなかったのではないだろうか。そして、張禧嬪のほうは、伝えられているような悪女ではない一面も見えてくるのだが‥‥。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。

ページ上部へ戻る