〔南海の孤島に流された光海君(クァンヘグン)の屈辱!〕

絶句する光海君

結局、光海君は江華島(カンファド)に流され、後には済州島にまで送られた。
当時の済州島は、さいはての地だ。
ここに流されるのは、重罪人ばかりだった。
護送を担当する役人も心得ていて、光海君が大きな衝撃を受けないように、船の周囲に幕を張って行き先の方向がわからないようにした。それでも、済州島に着けば、ここがどこかはすぐにわかってしまう。
光海君は「なぜ、こんなところまで……」と言ったきり絶句して、涙もかれるほどだったという。
済州島の役人も、よほど光海君を哀れに思ったのだろう。
「ご在位でいらしたときに、奸臣を遠ざけて、良からぬ輩が政治に関わらないようにされておられれば、こんな遠くまでいらっしゃることはなかったのですが……」
役人はこう言って光海君をなぐさめた。




済州島に来てからも、光海君は様々な屈辱に堪えた。見張り役のほうが格上の部屋を使ったり、世話役の女性に軽視されたりしても、彼は先君であった威厳を保ち、毅然と生き抜いた。
同じようにクーデターで王宮を追われた王といえば、10代王・燕山君(ヨンサングン)である。
この王の場合は江華島に流されてからわずか2か月で病死している。よほど江華島の水が合わなかったのだろう。
光海君は済州島でも規則正しい生活を続け、この地で1641年に世を去った。享年66歳だった。
当時、陸地と島を結ぶ船が発着した港は、済州島北部の朝天(チョチョン)だった。この朝天には「恋北亭」というあずまやがあって、北の海をよく見わたせる。「北」とはもちろん、都がある方向だった。




王朝内部の政権争いに敗れて済州島に流罪となった高官たちは、恋北亭によくやってきては、北の海を見ながら都にいた時期の栄華を特別になつがしがったという。
光海君も恋北亭にやってきて、北の海を見ては涙を流したのだろうか。
今も恋北亭は残っていて、夏には地元の人たちの夕涼みの場所になっている。

光海君(クァンヘグン)は兄弟同士の争いを経て国王になった!

光海君(クァンヘグン)の斬首を執拗に主張した仁穆(インモク)王后!

光海君(クァンヘグン)!暴君ではなく名君?

仁祖(インジョ)!弟の復讐を果たして即位

仁祖(インジョ)は貞明公主(チョンミョンコンジュ)に特別待遇を与えた!

ページ:
1

2

関連記事

ピックアップ記事

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。彼女は、ドラマで描かれたような女性ではなかったのではないだろうか。そして、張禧嬪のほうは、伝えられているような悪女ではない一面も見えてくるのだが‥‥。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。

ページ上部へ戻る