『不滅の恋人』に登場する2人の王子は歴史的にどう対立したか?

 

『不滅の恋人』には2人の王子が登場して激しく対立する。その王子の中で、イ・ガンは歴史的に首陽大君(スヤンデグン)のことであり、イ・フィは安平大君(アンピョンデグン)のことだ。史実で2人はどんな立場だったのだろうか。




武闘派と芸術派

朝鮮王朝最高の名君と称された4代王・世宗(セジョン)。その二男が首陽大君(スヤンデグン)で、三男が安平大君(アンピョンデグン)だ。
世宗の王位を継いだのは長男の文宗(ムンジョン)で、彼は1450年に即位した。
しかし、病弱であった。
1452年5月、文宗は自分の死期に気づき始めたが、まだ11歳の長男の行く末がとても心配だった。そこで、金宗瑞(キム・ジョンソ)や皇甫仁(ファンボ・イン)という重臣たちを呼びだし、一つの願いを託した。
文宗は重臣たちに言った。
「余の死後、幼い世子が王になれば、朝廷では大きな混乱が起きるだろう。お前たちで世子をしっかりと補佐し、守ってあげてくれ」
これがいわば遺言となった。
文宗は即位して2年あまりで世を去った。残された長男は6代王・端宗(タンジョン)として即位するが、その王位は決して安泰とはならなかった。




実際、11歳の端宗が王になることに、首陽大君や多くの高官たちから不満の声があがった。
しかし、文宗の側近たちはそうした声を力づくで抑えようとした。幼く力のない端宗はそうした争いをただ見ていることしかできなかった。
王宮の内部で対立が激しくなっていったが、さらに対立をあおったのが首陽大君だった。彼は文宗の側近だった金宗瑞や皇甫仁の失脚を画策するようになった。
一方、なんとしても端宗を守りたい金宗瑞や皇甫仁が頼りにしたのが安平大君だった。この安平大君は、首陽大君より1歳だけ年下だ。
この兄弟の性格は、まさに正反対。首陽大君は武芸を好む武闘派だが、安平大君は学問を好む芸術派だった。
(ページ2に続く)

『不滅の恋人』のイ・ガンは歴史上の首陽大君(スヤンデグン)のこと!

『不滅の恋人』のイ・フィは歴史上の安平大君(アンピョンデグン)のこと!

首陽大君(スヤンデグン)と安平大君(アンピョンデグン)!確執で何が起こった?

あまりに悲しき端宗(タンジョン)の運命!

首陽大君(スヤンデグン)が端宗(タンジョン)を退位させて世祖(セジョ)になった!

ページ:

1

2

関連記事

各ジャンルの紹介

本サイトは以下のようなジャンルに分類されています。左上にカラーで色分けされた各ジャンルがありますので、それぞれにクリックをして目的のジャンルにアクセスしてください。

〔各ジャンルの分類〕
●オススメ記事
●韓流
・韓流スター
・トッケビ
・ドラマ
・兵役
●ヘルシー
●ビューティー
●グルメ
●韓国時代劇の人物
●歴史
・日本の歴史
・韓国の歴史
●旅行/エッセイ
・旅行
・散策
・ワガマ散歩
・恋愛博物館
・黒猫ミネット日記
●編集部

注目記事のエッセンス1

記事「初心者でも大丈夫!おいしいキムチの作り方」

白菜は、塩漬けしたものを用意する。自宅で漬ける場合は、大きめのボールに入れた白菜の根元にまんべんなく塩を入れ込み、呼び水となる薄めの塩水を下に引いておく。呼び水を入れる理由は、日本の白菜は水分が少なめだからだ。
そして、重石をのせて一晩寝かせる。翌日に白菜の塩水を捨てながら、塩加減を調整していく。日本のおしんこより塩味が少し薄いくらいがちょうどいい。
また、面倒なときは、白菜の塩漬けを買ってくるという方法もある。
さらに、キムチ作りに欠かせないのが味の決め手となるヤンニョム。これをつくる際は、ごはんを入れることが大事なポイント。ごはんは糊の役目を果たし、キムチ全体にとろみを出してくれる。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。

ページ上部へ戻る