ファン・ジニ(黄真伊)の華麗なる人生に迫る!

罪作りな美女

女性が文芸では生きられない時代だった。ファン・ジニは妓生(キセン)となり、その美貌が評判になった。
そんな美女を男性が放っておくわけがない。たとえば、生き仏といわれるくらい修行に明け暮れた禅師は、ファン・ジニの魅力に負けて破戒僧になってしまう。いわば、罪作りな美女だったのである。
また、碧渓守(ピョク・ケス)という知識人は、ファン・ジニが風流な人物としか会わないと聞き、こう言った。
「それほどの評判ならば、私が落としてみせる」




碧渓守は意気込んだ。
そして、月夜にファン・ジニの家のそばで意味ありげに琴を弾いて、彼女を誘い出そうとした。
そうやってファン・ジニが現れたら、馬にまたがり立ち去るつもりだった。つまり、誘い出して無視する作戦だったのだ。
確かに、ファン・ジニは月夜に現れた。
そして、詩を朗々とうたいあげた。
そのあまりのすばらしさに碧渓守は魅せられた。
(ページ3に続く)

朝鮮王朝三大悪女の鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)は救いようがない悪女!

トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?

国王になれなかった「悲劇の五大世子」とは誰か

貞明(チョンミョン)公主!苦難を乗り越えて大地主になった王女

張禧嬪(チャン・ヒビン)!側室に転落した王妃

パク・ボゴムが演じたイ・ヨンは当代随一の当たり役!

ページ:
1

2

3

関連記事

ピックアップ記事

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。彼女は、ドラマで描かれたような女性ではなかったのではないだろうか。そして、張禧嬪のほうは、伝えられているような悪女ではない一面も見えてくるのだが‥‥。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。

ページ上部へ戻る