理不尽な仕打ちを受けた「悲惨な五大王妃」とは?

悲惨な2人

次に2人の王妃を取り上げる。

◆廃妃・柳氏(ユシ)
〔1576~1623年〕
15代王・光海君(クァンヘグン)の正室。夫が1623年にクーデターで廃位となり、夫と一緒に江華島(カンファドド)に流罪となった。途上の船上で光海君に対し「潔く海に飛び込んで死にましょう!」と呼びかけたが拒否された。流罪は息子夫婦と一緒だったが、息子夫婦が島からの逃亡に失敗して絶命。そのことを悲観して柳氏も自ら命を絶ってしまった。




◆明成(ミョンソン)皇后
〔1851~1895年〕
26代王・高宗(コジョン)の正室。元来が聡明な女性で、政治にも積極的な関与。高宗の父の興宣大院君(フンソンデウォングン)と対立したが、ロシアに近づいて日本に対抗しようとした。1895年、日本の勢力によって王宮の中で殺害された。

以上の5人が「悲惨な五大王妃」である。彼女たちにとっては、王妃になったこと自体が不幸の始まりであった。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

『七日の王妃』の端敬(タンギョン)王后はなぜ復位できなかったのか

光海君(クァンヘグン)の斬首を執拗に主張した仁穆(インモク)王后!

『七日の王妃』の端敬(タンギョン)王后はどんな女性だったのか

『七日の王妃』の端敬(タンギョン)王后と中宗(チュンジョン)の「別れる理由」とは?

仁粋(インス)大妃の悲惨な最期!朝鮮王朝王妃側室物語6

光海君(クァンヘグン)の妻と息子夫婦は悲惨な最期を遂げた!

ページ:
1

2

関連記事

ピックアップ記事

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。彼女は、ドラマで描かれたような女性ではなかったのではないだろうか。そして、張禧嬪のほうは、伝えられているような悪女ではない一面も見えてくるのだが‥‥。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。

ページ上部へ戻る