『不滅の恋人』に登場する2人の王子は歴史的にどう対立したか?

対照的な結末

金宗瑞や皇甫仁は、首陽大君を牽制する戦略の一つとして、安平大君に近づいた。安平大君も兄の首陽大君に批判的で、端宗の王位を守る決意を固めた。こうして王族内では、首陽大君派と安平大君派の二大勢力ができてしまった。
しかし、高名な学者や大臣たちを取りこんでいた安平大君に世論は味方していく。首陽大君はあせったが、側近である韓明澮(ハン・ミョンフェ)の見解は違った。
「今の混乱した情勢では世の中の評判を勝ち取るよりも、武力を集め、いつか来る戦いの日にそなえるべきです」
策士の韓明澮の助言を受けた首陽大君は、積極的に武臣たちを傘下に引き入れることにした。
しかし、首陽大君が武力を強化するのは、多くの危険をはらんでいた。なぜなら首陽大君の動向は常に警戒されていたため、一歩間違えれば反乱の疑いをかけられてしまうからだ。




そこで韓明澮が考えたのが、弓術大会を開くことだった。そこに集まった武臣たちと接触して、飲食をふるまって自然と仲良くなる計画を立てたのだ。
そうした計画のもと、首陽大君は何度も弓術大会を開いた。その甲斐もあって、首陽大君は朝鮮王朝の中でも屈強の武臣たちと親交を深めていった。
こうして首陽大君は戦力を整え、1453年にクーデターを起こして金宗瑞や皇甫仁を殺し、朝鮮王朝で最大の実力者になった。
一方の安平大君は首陽大君によって死罪にされてしまった。
王位をめぐる骨肉の争い……首陽大君が勝って世祖(セジョ)として即位し、弟の安平大君は敗れて命を奪われた。

構成=「ヨブル」編集部

『不滅の恋人』のイ・ガンは歴史上の首陽大君(スヤンデグン)のこと!

『不滅の恋人』のイ・フィは歴史上の安平大君(アンピョンデグン)のこと!

首陽大君(スヤンデグン)と安平大君(アンピョンデグン)!確執で何が起こった?

あまりに悲しき端宗(タンジョン)の運命!

首陽大君(スヤンデグン)が端宗(タンジョン)を退位させて世祖(セジョ)になった!

ページ:
1

2

関連記事

ピックアップ記事

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。彼女は、ドラマで描かれたような女性ではなかったのではないだろうか。そして、張禧嬪のほうは、伝えられているような悪女ではない一面も見えてくるのだが‥‥。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。

ページ上部へ戻る