朝鮮王朝悪女列伝4「鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)」

地方に逃げた2人

鄭蘭貞の行き過ぎた行為は、「王妃に取り入った妖女」「儒教的な身分制度を覆す毒婦」と評された。その悪評は市中にもとどろいたのである。
しかし、1565年が転換点になった。この年に文定王后が死んだのである。
こうなると、鄭蘭貞と尹元衡は完全に後ろ盾を失った。
「このままなら殺される。逃げよう多くの恨みを買っていることを知っていた鄭蘭貞と尹元衡は、あわてて地方に逃げていった。
しかし、鄭蘭貞は常に命を狙われていると怯え、最後は耐えきれなくなって自ら命を絶ってしまった。




そういう意味では、精神的に弱い女性であったのかもしれない。
鄭蘭貞が死ぬと、夫の尹元衡も悲観して最後は自決した。

朝鮮王朝悪女列伝1「廃妃・尹氏(ユンシ)」

朝鮮王朝悪女列伝2「張緑水(チャン・ノクス)」

朝鮮王朝悪女列伝3「文定(ムンジョン)王后」

朝鮮王朝悪女列伝5「張禧嬪(チャン・ヒビン)」

朝鮮王朝悪女列伝6「貞純(チョンスン)王后」

朝鮮王朝悪女列伝7「貴人(キイン)・趙氏(チョシ)」

ページ:
1

2

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。

ページ上部へ戻る