朱蒙(チュモン)とは誰なのか/韓流時代劇列伝1

歴史的な名は東明聖王

松譲王の言葉に朱蒙は怒り、「勝負して決めよう」と迫った。2人は言葉で戦い、弓の実力でも競った。松譲王がかなうわけがなかった。
しばらくすると、松譲王が領土を持って投降してきた。朱蒙はこれを認めて、松譲王を配下にした。
これを手始めに、朱蒙は次々と周辺国を手中におさめ、国を大きくした。そして、紀元前19年に39歳で世を去った。諡(おくりな)は「東明(トンミョン)」。歴史的にも東明聖王という呼び方が一般的になっている。
一方、百済(ペクチェ)の始祖・温祚王(オンジョワン)の父は朱蒙であったと言われているが、『新・国史事典』は次のように書いている。
「一般的には、340年代に登場した(百済)13代の近肖古王(クンチョゴワン)のときから国家の体制が整ったと見られており、それ以前の事実は信憑性が少ない」




果たして、温祚は本当に朱蒙の息子だったのか。
高句麗からはるかに南下して新しい国家を築いた、という百済の建国秘話にはロマンの香りが大いにするのだが……。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

実直な淑嬪・崔氏(トンイ)/朝鮮王朝美女列伝3

張禧嬪(チャン・ヒビン)!側室に転落した王妃

朝鮮王朝三大悪女の鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)は救いようがない悪女!

悲劇の三大世子!昭顕(ソヒョン)世子・思悼(サド)世子・孝明(ヒョミョン)世子

朝鮮王朝で一番美しい王女と呼ばれた敬恵(キョンヘ)王女

トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?

ページ:
1 2

3

ピックアップ記事

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。彼女は、ドラマで描かれたような女性ではなかったのではないだろうか。そして、張禧嬪のほうは、伝えられているような悪女ではない一面も見えてくるのだが‥‥。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。

ページ上部へ戻る