兵役はイ・ジュンギをどのように変えたのか

 

2010年5月、イ・ジュンギの人気は飛ぶ鳥を落とす勢いだったが、彼はファンに挨拶をして兵役に入った。28歳での現役入隊だった。そして、2012年2月16日、兵役を終えたイ・ジュンギは、颯爽とファンの前に姿を見せた。




復帰後の作品

イ・ジュンギの除隊記念ファンミーティングは、発売後わずか1分で完売した。それだけ多くのファンが彼の帰りを待っていたのだ。
除隊後ひと段落がついたイ・ジュンギは、『アラン使道伝』への出演を決心した。
ヒロインを演じたシン・ミナとのかけ合いは素晴らしく、ブランクをまったく感じさせなかった。
イ・ジュンギは放送終了後にこう述べた。
「すがすがしい満足感とともに、くやしいところもあります。撮影の序盤は精神的負担が大きく、みなさんがイ・ジュンギという俳優をどれくらい信頼してくださるのか、とても心配でした」
「放送が終わり、多くの称賛を受けたことには満足ですが、期待値があまりにも大きかったので、物足りなさも少しあります」
イ・ジュンギはいつも正直に話す。




ここで言った“物足りなさ”とはいったい何だろうか。
「ファンタジーロマンスに対する期待感がありました。何よりもイ・ジュンギが新たなロマンスをお見せする機会だったのに、事件重視になってしまったのです」
(ページ2に続く)

『麗<レイ>』でイ・ジュンギが演じた光宗(クァンジョン)の実像とは?

新人時代に「目標の俳優はいない」と語ったイ・ジュンギの俳優魂は?

『無法弁護士』は謙虚なイ・ジュンギが主演したから真実味が増した!

イ・ジュンギが影響を受けた「ブラックリスト問題」の本質とは何か

再検証!イ・ジュンギが巻き込まれたブラックリスト問題

存在感が抜群のイ・ジュンギ『無法弁護士』が面白い!

ページ:

1

2

ピックアップ記事

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。

ページ上部へ戻る