韓国時代劇の「三大悪女」はいかにして成り上がったのか

 

奇跡的な大出世

鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)の母は奴婢だった。
朝鮮王朝では、生まれながらにして身分が決まる。奴婢の子は奴婢になるしかない。しかし、成人した鄭蘭貞は家を飛び出して、妓生になった。その過程は張緑水と共通する部分がある。
妓生となった鄭蘭貞は、宴席で人間をよく観察した。それは、出世の見込みがある人物を見極めるためだった。
その末に目をつけたのが尹元衡(ユン・ウォニョン)だった。
彼は、文定(ムンジョン)王后の実弟である。文定王后といえば、11代王・中宗(チュンジョン)の三番目の正室だ。そんな文定王后に引き立てられて、尹元衡も高級官僚になっていた。
鄭蘭貞は尹元衡の妾となり、その紹介で文定(ムンジョン)王后と会い、気に入られて手先となった。その後は、どれほどの悪行に手を染めたことか。




さらに、尹元衡と共謀して彼の妻を毒殺し、その後釜にすわった。念願だった尹元衡の正妻となった鄭蘭貞は、従一品の品階を授与された。奴婢出身の女性がこれほどの肩書を持つのは奇跡としか言いようがない。
しかし、最期は悲惨だった。後ろ楯だった文定王后が1565年に絶命すると、復讐されるのを恐れて逃亡し、ついには自害に追い込まれてしまった。
(ページ3に続く)

朝鮮王朝の三大悪女の最期はこんなにも悲惨だった!

朝鮮王朝で一番の悪女は誰なのか?

「3大悪女」よりもっと性格がひどい悪女だった側室は誰なのか

朝鮮王朝の「ウラの3大悪女」はなぜ恐ろしいのか

朝鮮王朝悪女列伝1「廃妃(ペビ)・尹氏(ユンシ)」

朝鮮王朝三大悪女の鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)は救いようがない悪女!

ページ:
1

2

3

関連記事

ピックアップ記事

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。彼女は、ドラマで描かれたような女性ではなかったのではないだろうか。そして、張禧嬪のほうは、伝えられているような悪女ではない一面も見えてくるのだが‥‥。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。

ページ上部へ戻る