お盆休みには『トッケビ』をじっくり見たい!

前世に思いをめぐらせる

確かに、キム・シンは達観していた。
それが可能だったのは、900年以上という長い時間を生きた経験が大いに活かされていたからだろう。
並の人間にはそれが無理だ。
達観など、とうていできない。
しかし、『トッケビ』を見ることによって、時空を超えた不思議な世界を旅する疑似体験を得られる。
それに身をまかせれば、ドラマの登場人物と同じように、自分の前世に思いをめぐらせることもできる。
同時に、見果てぬ世界を想像する力を持てるようになれば、紅葉まっさかりのカナダへも行ける。




そのことを美しい映像で見せてくれたのが『トッケビ』というドラマだった。
これほど魅せられたのには、相応の理由があったのだ。
『トッケビ』を見続ける人は、間違いなく、不思議な世界をめぐる旅人だ。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

絶対に見逃せない韓国ドラマの真髄!/トッケビ全集1

コン・ユ主演の『トッケビ』の大きな見どころはココだ!

コン・ユが主演した『トッケビ』を韓国の視聴者は「芸術」と捉えた!

『トッケビ』のコン・ユは「言葉の世界に生きる詩人」だった

コン・ユ主演の『トッケビ』は魂の不滅を抒情的に描いたドラマ!

コン・ユ主演の『トッケビ』がこんなにも面白い理由とは?

ページ:
1 2

3

関連記事

ピックアップ記事

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。彼女は、ドラマで描かれたような女性ではなかったのではないだろうか。そして、張禧嬪のほうは、伝えられているような悪女ではない一面も見えてくるのだが‥‥。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。

ページ上部へ戻る