韓服の冠をかぶったパク・ボゴムに惚れ惚れする!

 

『雲が描いた月明り』で世子(セジャ)のイ・ヨンを演じたパク・ボゴム。ドラマでの韓服姿は見事だったが、同じように似合っていたのが冠だ。特に、国王や世子がかぶるという翼善冠(イクソングァン)がピッタリだった。

写真=韓国KBS『雲が描いた月明り』公式サイトより




翼善冠の変化

朝鮮王朝時代の人々は、身分に応じて衣装が厳格に定められていた。
同じように、冠や帽子は身分を的確にあらわす重要なものだった。それだけに、身分の高い人ほど頭にかぶるものに気をつかった。
逆に言えば、高貴なお方が冠をつけないのは無礼とされた。その考え方は室内でも適用されるので、朝鮮王朝時代に身分の高い人は部屋で食事をするときでも冠をはずさなかった。それは、韓国時代劇でよく描かれていた通りだ。
高貴なお方の代表といえば、やはり国王や世子。彼らが普通の執務をするときにかぶっていた冠が翼善冠(イクソングァン)だ。国王や世子が日常生活で一番かぶる機会が多い冠だった。
形は時代によって違っていた。
たとえば、朝鮮王朝初期の国王がかぶった翼善冠はそれほど丈が高くなっていなかった。




しかし、時代とともに冠が高くなり、朝鮮王朝後期の翼善冠は、とても高くなった上に、途中に段差をつけて形が複雑になっていた。権威を高めるために、それだけ形状が変化していったのである。
(ページ2に続く)

『雲が描いた月明り』でパク・ボゴムが演じたイ・ヨンの歴史的な最期は?

パク・ボゴムが『雲が描いた月明り』の主人公イ・ヨンを魅力的に分析!

パク・ボゴムが演じたイ・ヨン(孝明世子〔ヒョミョンセジャ〕)の人生!

悲劇の三大世子!昭顕(ソヒョン)世子・思悼(サド)世子・孝明(ヒョミョン)世子

主人公イ・ヨンのモデルとなった人物は?/「雲が描いた月明り」総集編1

イ・ヨンに扮した「雲が描いた月明り」を語る/パク・ボゴム全集1

ページ:

1

2

ピックアップ記事

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。

ページ上部へ戻る