新大久保で快適に過ごすための秘訣は?

スタッフに何でもやってもらう

とにかく、客は待っていてはダメ。なんでもかんでも主張して、スタッフにどんどん動いてもらえばいい。それが韓国料理店での鉄則だ。
たとえば、次のように……。
店に入ったら自分が座りたい席をはっきり言う。座ったらメニューを持ってこさせる。料理が出てくるのが遅かったらすぐに「早く持ってきてください」と催促する。他にもことあるごとにスタッフを呼んで、「水をもっとください」「ご飯の代わり!」「あっちの席に移りたいんだけど」と希望を述べればいい。おそらく、スタッフは嫌な顔もせずに対応してくれるだろう。つまり、一見そっけないけど、やることはきちんとやってくれるのである。
これが、日本の店ならどうだろうか。
スタッフは愛想がいいのだが、客がいろいろと注文をつけると笑顔が消えてだんだんそっけなくなるかも。ここに微妙な違いがある。




要するに、韓国料理店に入ったら、客はただ黙っていてはいけないのだ。なんでも、スタッフにしてほしいことをズバリと言い続けていこう。
日本では「物言う客」に慣れていないケースが多いが、韓国料理店では客が注文をつけるのが当たり前なので、引け目に感じることはない。
(ページ3に続く)

新大久保の効果的な歩き方

絶対に行ってみたい新大久保の特選人気店はどこ?

誰もが発信できる第3次韓流ブームの拡散力が凄い!

新大久保に来るとなぜこんなにウキウキするのか

チャン・グンソクを初め韓流スターは新大久保が大好き!

ページ:
1

2

3

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。

ページ上部へ戻る