過去の記事一覧

  • 唐辛子(とうがらし)を食生活に上手に取り入れる

    唐辛子は、もともとメキシコが原産地だった。15世紀の末にコロンブスがタバコとともにヨーロッパに持ちかえり重宝されるようになった。そして、16世紀から17世紀にかけて日本や朝鮮半島にも持ち込まれた。ただ…
  • ニンニクにはどんな効能があるのか

    ニンニクに栄養がたっぷり含まれていることは誰でも知っているだろう。しかし、「具体的にどう健康に効果があるのか」という点では、意外と知らない人も多いのではないか。この機会にニンニクの効能を理解しておこう…
  • 野菜はなぜカラダにいいのか?

    野菜の栄養素は折り紙付き。誰に聞いても「野菜が健康にいい」というのはわかっていることだろう。でも、イメージだけでなく「なんでからだにいいの?」ということがしっかり頭に入っていないと、本当のありがたみが…
  • キノア(Quinoa)とは何か/ダイエットに活用できるスーパーフード

    アメリカのスーパーモデルが食べていることで大人気になった「キノア」。最近ではアメリカの歌姫ケイティ・ペリーがレッドカーペットでキノアを歯にくっつけたままポーズをとり、大写しになった自分のビッグスマイル…
  • 編集部案内

    ●「ヨブル」編集部のご案内 社名/株式会社 収穫社 本社所在地/〒101-0064 東京都千代田区猿楽町1-3-6原ビル2F 設立/ 平成22年9月1日 業務内容/書籍出版、雑誌・単行本・WEB…
  • ソウルで食べた「ケジャン」が忘れられない!

    韓国に旅行に行く楽しみの最たるものは、やはりおいしい料理を食べることではないだろうか。韓国料理にはおいしいものがたくさんあるが、最近の例で言うと、ソウルで食べたケジャンの味が抜群であった。 [c…
  • 康熙奉(カン・ヒボン)のワガママ散歩14「千葉県・佐原」

    江戸時代の町並みがよく残っていることから「小江戸」とも称される千葉県の佐原。本当に、古き時代にタイムスリップしたかのような雰囲気にひたれる。何度でも訪れたい町である。 [caption id="…
  • 黒猫ミネットのおてんば日記(2017年9月15日)

    解体工事の騒音が…… ミネットの左耳の後ろに小さなハゲができていました。 それをお母さんが見つけて大騒ぎ。 「ストレス、ストレス。すごくストレスを感じているのよ」 お母さんがそう叫ぶのも無理はありませ…
  • おいしい海鮮チヂミの作り方

    チヂミは、韓国では「ジョン」とも呼ばれる。この「ジョン」は昔から宮廷でも作られていて、特に祭祀の供え物として欠かせないものだった。今でも韓国人は「ジョン」が大好きで、ソウルの屋台での定番料理にもなって…
  • 黒猫ミネットのおてんば日記(2017年8月30日)

    我慢できます! ミネットの父です。 人間の息子は2人いるのですが、娘がいませんでした。 ミネットは「娘」同然です。還暦過ぎて、こんなうれしいことはありません。 女房から「エサあげてね」と言われたら…

注目記事のエッセンス1

記事「初心者でも大丈夫!おいしいキムチの作り方」

白菜は、塩漬けしたものを用意する。自宅で漬ける場合は、大きめのボールに入れた白菜の根元にまんべんなく塩を入れ込み、呼び水となる薄めの塩水を下に引いておく。呼び水を入れる理由は、日本の白菜は水分が少なめだからだ。
そして、重石をのせて一晩寝かせる。翌日に白菜の塩水を捨てながら、塩加減を調整していく。日本のおしんこより塩味が少し薄いくらいがちょうどいい。
また、面倒なときは、白菜の塩漬けを買ってくるという方法もある。
さらに、キムチ作りに欠かせないのが味の決め手となるヤンニョム。これをつくる際は、ごはんを入れることが大事なポイント。ごはんは糊の役目を果たし、キムチ全体にとろみを出してくれる。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。
そのチーズも2種類というのが基本。1つはモッツァレラチーズで、もう1つはチェダーチーズである。鉄板の中央に2種類のチーズがたっぷり載せられている光景は、まさに圧巻である。

ページ上部へ戻る