黒猫ミネットのおてんば日記(2016年7月19日)

1468885498998

新しいおもちゃに興奮

我が家にはミネットと遊ぶためのおもちゃがいっぱいある。しかし、ミネットは新しい物が増えると、ほかのおもちゃそっちのけで新しい物に飛びついてくる。そして、「早く開けて遊ばせて」と急かすのだ。そんなミネットをとにかく落ち着かせて、新しいおもちゃを開封する。

その後のミネットは、しばらく興奮状態が続き、部屋中を走り回る。物陰から飛び出してきたり、遠くから狙いを定めて猛スピードで突っ込んでくる。まさに疲れ知らずだ。そうなると、おもちゃで遊ばせている私たちのほうが先に疲れてしまう。しかし、あまりのミネットの可愛さに相手をせずにはいられないため、疲れていても遊んであげてしまうのだ。

新しいおもちゃで遊びたい気持ちは、私もよくわかる。その感情は人間も動物も一緒のようだ。おもちゃに夢中になって遊ぶミネットはとんでもなく可愛いが、どこに走っていくかわからないので気が抜けない。あまりにも速いスピードで駆け抜けていくので、捕まえるのも難しいのだ。ミネットが家族の誰かに構ってほしいときに取る行為は、近寄ってきて鳴くのと台所に行くことだ。

私たち家族は、ミネットに台所は危ないところだと教えているので、台所に行けば誰かが構ってくれると学んでしまったようだ。とても可愛いミネットだが、そのおてんばぶりには誰も敵わない。

ページ:

1

2 3

関連記事

ピックアップ記事

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。彼女は、ドラマで描かれたような女性ではなかったのではないだろうか。そして、張禧嬪のほうは、伝えられているような悪女ではない一面も見えてくるのだが‥‥。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。

ページ上部へ戻る