唐辛子(とうがらし)を食生活に上手に取り入れる

活用方法を工夫する

先に紹介したように、唐辛子の効能は本当に幅広い。
日本でもかつての「激辛ブーム」がおさまって、今度は唐辛子の本当の価値が認められ、受け入れられるようになってきた。
つまり、刺激を求めるだけでなく、ダイエットや健康のために適度な唐辛子を積極的に摂取しようという傾向になったのだ。
特に、健康の自己管理が必要となった現代において、唐辛子をいかに活用するかがとても重要な要素になってきている。




ただし、過大な期待は禁物だ。カプサイシンの効果には個人差があることを忘れてはならない。
かなりの量のカプサイシンをとらないとダイエット効果が得られないという報告もある。なにごとも過信は禁物だ。
また、辛いものに慣れていない日本人は、唐辛子の食べすぎで胃をこわすこともあるので、このあたりは特に注意したい。

健康な毎日には食生活の改善が必要!

キノア(Quinoa)とは何か/ダイエットに活用できるスーパーフード

初心者でも大丈夫!おいしいキムチの作り方

美しさを保つ女優ハン・ヒョジュが大好きなものは?

ページ:
1

2

関連記事

ピックアップ記事

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。彼女は、ドラマで描かれたような女性ではなかったのではないだろうか。そして、張禧嬪のほうは、伝えられているような悪女ではない一面も見えてくるのだが‥‥。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。

ページ上部へ戻る