まだ見てなければ絶対に見ておきたい『太陽の末裔』

 

『太陽の末裔』は韓国で2016年の春に大ヒットしたドラマだが、2017年になっても大きな話題が続いていた。なんといっても、主役のソン・ジュンギとソン・ヘギョが、実際に恋人同士の関係になり10月に結婚している。ビッグカップルの誕生を導いた『太陽の末裔』。これは見逃せないドラマだ。

ドラマと実生活が重なる

『太陽の末裔』でソン・ジュンギが扮するのは、韓国が誇るエリード軍人のユ・シジンである。
第1話の冒頭から緊迫感あふれるアクションシーンがあり、ソン・ジュンギの迫真の演技に魅了される。
「ユ・シジンを演じるにあたって、軍務の経験が本当に役に立ちました」
ソン・ジュンギ自身もそう語る。




彼は軍事境界線のそばで兵役を務めたが、その経験が役作りに大いに生きたというわけなのだ。それはまた、ソン・ジュンギの俳優としての成長を示す結果を生んだ。
なお、『太陽の末裔』の骨子は、政情不安定な異国で軍人と医師団が奉仕活動に従事するというもの。医者に扮したソン・ヘギョと軍人役のソン・ジュンギが緊迫した状況を乗り越えて愛を育んでいくのだが、それが実生活とも重なって本当に興味深かった。
たとえば、何話あたりから主役の2人が本当の愛にめざめていったのか。画面を通してそれを見極めるのも、『太陽の末裔』のもう1つの楽しみ方かもしれない。(ページ2に続く)

ハリウッド・セレブのビューティー・シークレット〔絶妙ヒント編〕

ハリウッド・セレブのビューティー・シークレット〔納得アドバイス編〕

ヒョンビンとソン・ジュンギ!兵役で名をあげた俳優

絢爛たるパク・ボゴム!『雲が描いた月明り』の世子の役で大人気

ページ:

1

2

関連記事

ピックアップ記事

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。彼女は、ドラマで描かれたような女性ではなかったのではないだろうか。そして、張禧嬪のほうは、伝えられているような悪女ではない一面も見えてくるのだが‥‥。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。

ページ上部へ戻る