俳優パク・ボゴムは『ボーイフレンド』でどんなキャリアを加えたか

純粋な青年に成りきった

放送当初は『ボーイフレンド』も「さすが、ソン・ヘギョとパク・ボゴムの共演だ」と評価がとても高かった。2人の主演俳優ともに「視聴率を取れる俳優」。期待どおりの出だしだった。
意外なことに、『ボーイフレンド』は第3話以降の視聴率が伸びなかった。全体的に7~8%台に終始した。
そして、2019年1月24日に放送された最終回の視聴率は8.7%だった。
地上波でなくケーブルテレビでの放送と考えれば、視聴率は及第点だ。しかし、ソン・ヘギョとパク・ボゴムの主演というのがあまりに期待が大きかっただけに、視聴率のうえでは「惜しい」という気持ちが残った。
確かに正統的な恋愛ドラマだったのだが、特殊な職業のドラマやミステリアスな設定が多いドラマに慣れてしまった韓国の視聴者に、特別強い印象を残すことはできなかったのかもしれない。




とはいえ、ドラマは視聴率だけで判断されるものではない。純粋な青年に扮したパク・ボゴムの演技は良かったし、彼がソン・ヘギョと共演したことも俳優のキャリアに大きなプラスとなった。
今後は、見る人がそれぞれに『ボーイフレンド』の良さを見つけていくことだろう。

構成=「ヨブル」編集部

パク・ボゴムとコン・ユが競演する映画『徐福』の撮影が快調に進んでいる

笑顔に魅了されるパク・ボゴムの「笑わない表情」も素敵!

パク・ボゴムが演じたイ・ヨンは当代随一の当たり役!

パク・ボゴムの謙虚さを見ていると誰もが応援したくなる

俳優・歌手・MCで無限の才能を見せるパク・ボゴム!

パク・ボゴムが『雲が描いた月明り』の主人公イ・ヨンを魅力的に分析!

ページ:
1

2

関連記事

ピックアップ記事

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。彼女は、ドラマで描かれたような女性ではなかったのではないだろうか。そして、張禧嬪のほうは、伝えられているような悪女ではない一面も見えてくるのだが‥‥。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。

ページ上部へ戻る