「三大悪女」の中で実は悪女でなかったのが張禧嬪(チャン・ヒビン)?

寵愛を失った結果は?

あまりに人気があったので、粛宗も「謝氏南征記」を読んだようだ。彼は、怒るよりむしろ仁顕王后を哀れに思う気持ちが強くなった。
それは、張禧嬪からはっきり心が離れたことを意味していた。一時はあれほど惚れ込んでいた女性だったのだが、粛宗は優柔不断な性格で、時間とともに張禧嬪を王妃にしたことを後悔し始めた。
そんなとき、粛宗の目にとまったのが淑嬪(スクビン)・崔(チェ)氏だった。時代劇『トンイ』の主人公になった女性である。張禧嬪のもとを訪ねる回数がめっきり減った粛宗は、その代わりに、淑嬪・崔氏のもとに足しげく通うようになった。
張禧嬪は王の寵愛を受けて王妃にまでなったのだが、その寵愛を失えば結果は見えていた。1694年に政変が起きて、張禧嬪の後ろ楯となっていた南人派が力を失うと、張禧嬪の立場はとたんに弱くなった。ひんぱんに心変わりする粛宗は、今度は張禧嬪の側室への降格と仁顕王后の復位を決めた。
同じ年に淑嬪・崔氏が粛宗の二男を産んだ。その王子が後の21代王の英祖(ヨンジョ)である。




せっかく王妃に復位した仁顕王后は、病弱であったことがわざわいして1701年に34歳で世を去った。その後に、淑嬪・崔氏の証言によって、張禧嬪が仁顕王后の死を願って呪詛(じゅそ)をしていたことが暴露された。
粛宗の怒りは尋常ではなかった。
「大罪である。死罪にせよ」
この王命には高官たちが反対した。すでに張禧嬪が産んだ王子が世子に決まっていたからだ。
(ページ3に続く)

朝鮮王朝悪女列伝1「廃妃(ペビ)・尹氏(ユンシ)」

朝鮮王朝悪女列伝2「張緑水(チャン・ノクス)」

朝鮮王朝悪女列伝3「文定(ムンジョン)王后」

朝鮮王朝悪女列伝4「鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)」

朝鮮王朝悪女列伝5「張禧嬪(チャン・ヒビン)」

朝鮮王朝悪女列伝6「貞純(チョンスン)王后」

ページ:
1

2

3

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。

ページ上部へ戻る