絶対に行きたい新大久保のチョー人気店とは?(2019年秋版)

 

連日多くの人で賑わう新大久保。人気店をめぐるのは本当に楽しい。さすがに人気店だけに、すぐに行列ができるが、いくら並んでも入ってみたいと思う価値がある。それでは、2019年の秋の段階で人気のある店を紹介しよう。

 




どんなに待っても入りたい!

「グッネチキン」

「グッネチキン」の人気メニュー

〔グッネチキン〕
現在、新大久保で抜群の人気を誇っているのが「グッネチキン」だ。骨つきチキンをチーズにからめる「UFOチキンフォンデュ」を目当てに多くの人が行列を作っている。店員さんに聞くと、来店する客の9割が「UFOチキンフォンデュ」を注文するという。週末のランチは2時間待ちがザラ。そこまで待って食べたいほどの人気なのだ。




「くるむ」

〔くるむ〕
ヘルシーなランチセットが大人気。サムギョプサルやBBQチキンなどを新鮮な野菜でくるんで食べられる。
本当にボリュームがあって、野菜と肉料理が食べきれないほど出てくる。しかも、新鮮な野菜の種類が多いことに感激。韓国料理というと焼肉のイメージが強いが、むしろ野菜メニューが豊富なのが韓国料理の真髄かも。そのことを実感させてくれるのが「くるむ」なのである。




「でりかおんどる」

〔でりかおんどる〕
新大久保で長く変わらぬ人気を得ている店といえば「でりかおんどる」。サムギョプサルなどボリューム満点のメニューがズラリ。韓国料理ながら甘味を生かした味付けが若い人からも絶大な人気を得ている。
この店は本当に「どんなに長く待ってもいいから食べたい」と思わせる魅力がある。




「ソウル市場」

〔ソウル市場〕
新大久保に行ったらかならず寄りたいスーパーだ。人気の定番は「のり」「キムチ」「インスタントラーメン」だけど、作って売っている「チヂミ」や「キムパプ(韓国のり巻き)」もお土産にすごくいい。
とにかく、店内はワンダーランド。韓国の生活感がにじむ商品が多いので、「ソウル市場」にいるとコリアンライフを大いに実感できる。
(ページ2に続く)

新大久保で快適に過ごすための秘訣は?

新大久保の効果的な歩き方

誰もが発信できる第3次韓流ブームの拡散力が凄い!

新大久保に来るとなぜこんなにウキウキするのか

チャン・グンソクを初め韓流スターは新大久保が大好き!

ページ:

1

2

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。

ページ上部へ戻る