パク・ミニョンは『キム秘書はいったい、なぜ?』について何を語ったか

 

パク・ソジュンとパク・ミニョンが絶妙な間合いで演じきっている『キム秘書はいったい、なぜ?』。2人の相性の良さが際立っているが、当のパク・ミニョンはこのドラマについて何を語っているだろうか。




秘書の役に合わせてダイエット!

ドラマの制作発表会は和やかな雰囲気で行なわれるものだが、『キム秘書はいったい、なぜ?』の場合も笑いが絶えない会見だった。
特に、キム秘書の役を演じたパク・ミニョンが、ずっと笑顔を浮かべていた。それだけ、彼女も楽しんで演技を続けていたのだろう。
そんなパク・ミニョンは、このドラマに出演した経緯を次のように述べていた。
「私は、『キム秘書はいったい、なぜ?』で初めてロマンチック・コメディに挑戦しました。今までいろんな役をやってきましたが、このドラマではいつも勉強してきた通りの姿勢でキャラクターを演じようと思いました。でも、今までとちょっと違うところがあるとすれば、今回はダイエットを本当に一生懸命にやったので、秘書の役に合わせられるのではないでしょうか」
このように語ったパク・ミニョン。ダイエットに成功して臨んだキム秘書の役に対する自信を明らかにしていた。




さらに、パク・ミニョンはパク・ソジュンと共演することになった感想をこう述べていた。
「様々な作品に出演していると、同年代の俳優とたくさん会うことになります。それで、パク・ソジュンさんの作品を、私はとても熱心に見ていました。演技がとてもうまい人だし、一度ぜひご一緒したいなあと思っていました。このようにいい機会があって、一緒に出演することができました」
(ページ2に続く)

パク・ソジュンとパク・ミニョンの共演が『キム秘書』を傑作に導いた!

『キム秘書はいったい、なぜ?』はなぜこんなに面白いのか

パク・ソジュンとパク・ミニョン!『キム秘書』で抜群の相性を見せた

『キム秘書はいったい、なぜ?』のパク・ソジュンがとてもいい!

『キム秘書はいったい、なぜ?』で見られるパク・ソジュンの七変化!

ページ:

1

2

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。

ページ上部へ戻る