愛と別れの恋愛博物館〔第1回〕

恋愛は常に「常識」の外にある

ジョージ5世の嘆きの元となったウォリスは、アメリカのメリーランド州の出身である。32歳のときにアメリカ海軍将校と結婚したが、わずか1年で離婚。それから1年も経たないうちに、アーネスト・シンプソン大佐と再婚した。その後、夫が海運会社のロンドン支配人に転出したので、ウォリスも一緒にロンドンにやってきたのである。

人目をひくほどの美人ではなかったが、著名デザイナーのトップ・ファッションを着こなしたウォリスは、一躍ロンドン社交界の花形となった。それにともない、夫との関係もうまくいかなくなっていった。

そして、夫との不仲が続く中で、彼女は皇太子に異常に執着するようになった。

「なんて細くて繊細な王子さまなんでしょう」

皇太子と近付きになるために、ウォリスはあらゆる人脈を利用した。パーティーでは皇太子の気をひくために、性格俳優も顔負けのさまざまな芝居を打った。

それでも、身分が違いすぎて、恋愛関係に発展するなど常識的には考えられないことだった。しかし、恋愛は常に「常識」の外にある。

1933年に入ると、皇太子がシンプソン邸に入りびたっている、という噂が社交界に一気に広がった。

それから2年、ジョージ5世の病状が悪化し、明日をも知れぬ命となった。国王は皇太子を病床に呼び寄せ、ウォリスと別れるように強く迫った。しかし、皇太子は「彼女なしの人生など考えられない」と拒絶した。

ジョージ5世はあきらめた様子で、ボールドウィン首相に言った。

「賭けてもいい。私が死んだら、エドワードは1年ももたないだろう」(ページ4に続く)

ページ:
1 2

3

4 5

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国に旅行に行く楽しみの最たるものは、やはりおいしい料理を食べることではないだろ…
  2. 江戸時代の町並みがよく残っていることから「小江戸」とも称される千葉県の佐原。本当…
  3. チヂミは、韓国では「ジョン」とも呼ばれる。この「ジョン」は昔から宮廷でも作られて…

注目記事のエッセンス1

記事「初心者でも大丈夫!おいしいキムチの作り方」

白菜は、塩漬けしたものを用意する。自宅で漬ける場合は、大きめのボールに入れた白菜の根元にまんべんなく塩を入れ込み、呼び水となる薄めの塩水を下に引いておく。呼び水を入れる理由は、日本の白菜は水分が少なめだからだ。
そして、重石をのせて一晩寝かせる。翌日に白菜の塩水を捨てながら、塩加減を調整していく。日本のおしんこより塩味が少し薄いくらいがちょうどいい。
また、面倒なときは、白菜の塩漬けを買ってくるという方法もある。
さらに、キムチ作りに欠かせないのが味の決め手となるヤンニョム。これをつくる際は、ごはんを入れることが大事なポイント。ごはんは糊の役目を果たし、キムチ全体にとろみを出してくれる。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。
そのチーズも2種類というのが基本。1つはモッツァレラチーズで、もう1つはチェダーチーズである。鉄板の中央に2種類のチーズがたっぷり載せられている光景は、まさに圧巻である。

ページ上部へ戻る