愛と別れの恋愛博物館〔第1回〕

涙の決別宣言

1936年12月10日、イギリス議会はかつてない緊張感に包まれた。出席した全議員だけでなく、外交団席や傍聴席の全員も沈痛な面持ちだった。

ボールドウィン首相が議長に勅語を渡すと、議長はふるえる手で勅語を持ちながら、その文面を読み始めた。

「私はここに最終的な固い決意を宣告する。イギリス国王の王位を退くことを決心した。私は、公共の利益を先にすべき国王たる者の義務を軽視するものではない。しかし、私はこの重責を果たすことができないことを認識するに至った」

こうして、世界史に例を見ない“恋愛を全うするための退位”は、全世界に発表されたのである。

退位してウィンザー公になったエドワード8世は、翌11日の夜、ラジオを通して全国民に訣別のあいさつをした。

劇場や映画館はいっとき閉鎖され、街のいたるところに置かれたラジオには、黒山の人だかりができた。

「私は、愛する婦人の援助なくしては、国王としての重責と任務を果たすことができなくなったのだ。今や公務の一切から離れ、重荷を降ろした。しばらく故国には帰らないだろう」

庶民的な人柄で人気があった元国王の言葉は、誰もが涙なくしては聞けなかった。歓喜にむせんだのはたった1人……カンヌで待っていたウォリスは、放送の瞬間、大声を出しながら花瓶を投げて喜びを表現した。

エドワード8世はメアリー皇太后や新国王ジョージ6世と別れの宴を催したあと、ポーツマス軍港から駆逐艦ウルフハウンド号に乗って、ウォリスが待つカンヌへと向かった。

くしくも、ジョージ5世が予告したように、エドワード8世は1年ももたなかった。正式な在位期間は324日だった。

 

〔その後〕

ジヨージ6世の戴冠式は1937年5月12日に行なわれた。式の

あと、宮殿のバルコニーでにこやかに手を振っていたのが、11歳の

エリザベス王女だった。のちに彼女が女王の座につくことになったの

も、もとはエドワード8世の退位がきっかけであった。

その1カ月後に、南フランスの古城でエドワード8世とウォリスの

結婚式が行なわれた。その後の2人は、1972年にエドワード8世

が亡くなるまで、フランスで使用人30人に囲まれた贅沢ざんまいの

生活を送った。

ページ:
1 2 3 4

5

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国に旅行に行く楽しみの最たるものは、やはりおいしい料理を食べることではないだろ…
  2. 江戸時代の町並みがよく残っていることから「小江戸」とも称される千葉県の佐原。本当…
  3. チヂミは、韓国では「ジョン」とも呼ばれる。この「ジョン」は昔から宮廷でも作られて…

注目記事のエッセンス1

記事「初心者でも大丈夫!おいしいキムチの作り方」

白菜は、塩漬けしたものを用意する。自宅で漬ける場合は、大きめのボールに入れた白菜の根元にまんべんなく塩を入れ込み、呼び水となる薄めの塩水を下に引いておく。呼び水を入れる理由は、日本の白菜は水分が少なめだからだ。
そして、重石をのせて一晩寝かせる。翌日に白菜の塩水を捨てながら、塩加減を調整していく。日本のおしんこより塩味が少し薄いくらいがちょうどいい。
また、面倒なときは、白菜の塩漬けを買ってくるという方法もある。
さらに、キムチ作りに欠かせないのが味の決め手となるヤンニョム。これをつくる際は、ごはんを入れることが大事なポイント。ごはんは糊の役目を果たし、キムチ全体にとろみを出してくれる。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。
そのチーズも2種類というのが基本。1つはモッツァレラチーズで、もう1つはチェダーチーズである。鉄板の中央に2種類のチーズがたっぷり載せられている光景は、まさに圧巻である。

ページ上部へ戻る