廃城跡に行ってみよう〔第1回/安土城〕

 

もしも織田信長が「本能寺ノ変」で倒れていなかったら。そして、彼が天下統一を成し遂げていたら。近江の安土が賑やかな都になっていたかもしれない。今は、のどかな田園風景が広がるだけなのだが……。

JR東海道線の安土駅で下車する

JR東海道線の安土駅で下車する

DSCF6538

田園地帯の先に安土城があった丘が見えた

DSCF6539

ここから安土城の城跡が始まる

信長時代の到来

1575年5月、「長篠の戦い」で武田軍に大勝した織田信長。1575年11月7日に右近衛大将に任じられた。

これは、あの源頼朝と同じ官職であった。まさに、信長時代がやってきたことを告げるかのようだった。

その信長は岐阜城を居城にしていたが、1576年2月23日に安土城に移った。尾張と美濃の両国と岐阜城は嫡男の信忠に譲り渡した。

安土城は1月中旬に着工したばかりだったのだが、信長は工事が始まって早々にこの城の主となった。(ページ2に続く)

ページ:

1

2 3

関連記事

ピックアップ記事

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。彼女は、ドラマで描かれたような女性ではなかったのではないだろうか。そして、張禧嬪のほうは、伝えられているような悪女ではない一面も見えてくるのだが‥‥。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。

ページ上部へ戻る