キノア(Quinoa)とは何か/ダイエットに活用できるスーパーフード

サラダに生かしましょう

週末にセレブ気分!

キノアは、精白米に比べ、タンパク質2倍、カルシウム6倍、鉄分5倍、食物繊維10倍と言われています。
しかも、体内で女性ホルモンと似た働きをするフェイトエストロゲンを含みます。なんと、更年期障害と骨粗鬆症に対する改善効果、乳がんの予防、骨密度低下の抑制、抗酸化などの研究データもあります。
その栄養価からNASAが宇宙食に推奨したほどです。




とにかく、キノアはGI値が低い食品で、炊くと2倍以上に膨らみ、タンパク質と食物繊維が高く、ダイエットを助けます。
世界の歌姫ビヨンセもキノアダイエットに成功しました。
アメリカではグルテンフリーの雑穀として広く主食の代用とされて人気が出ました。
それでは、どうやって食べたらいいでしょうか。
キノアはサラダに入れたり、炒めてサイドディッシュにしたり、ピラフにしたりするとおいしいです。
週末にキノアサラダを作ってみると、心も体も軽くなってセレブ気分に浸れます。
ぜひ試してみてください。

野菜はなぜカラダにいいのか?

ニンニクにはどんな効能があるのか

唐辛子(とうがらし)を食生活に上手に取り入れる

ゴマ(胡麻)を見直すと若々しさが戻ってくるかも

ページ:
1

2

ピックアップ記事

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。

ページ上部へ戻る