カラーフード!カラダにも良いキレイ色の野菜&フルーツ

食卓を華やかにするカラーフード

赤、黄、緑、紫、黒、白などの色は食品のフィトケミカルという化学物質によるものです。フィトケミカルは色だけでなく、食品固有の独特な味と香りを与え、抗酸化作用や免疫機能の増加などを通じて健康に有益な役割をするのです。
黄色が出すβカロチンは心臓や血管、緑色のクロロフィル成分は肺や肝臓の健康を助けると言われています。紫の野菜やフルーツのポリフェノールは脳卒中の危険を下げ、赤色のアントシアニン成分は抗がん効果が証明されています。
「アントシアニンの色素は抗酸化作用があるため、まんべんなく健康維持や促進を助けます」と韓国の農村振興庁の研究者は言います。




食品業界はこのカラーフード・マーケティングを様々に繰り広げています。
6色の天然100%のジュースを宅配するなどのサービスも始まっています。ケール、ビーツなど取りにくい野菜の他に、黄色、オレンジ、紫、白などカラフルなジュースに変身させ毎日配達しています。
宅配サービスがとても盛んな韓国では、食品や家庭雑貨など何でも配達。高齢者は特に、このようなサービスを利用して健康を保っているようです。
お粥の専門店でも多様な色を使った新メニューを揃えました。紫、黄、緑、黒色のお粥が並びます。
健康と味覚を両方手にするカラーフードが、食卓を華やかに彩っています。
韓国美人に負けずに、美味しく健康になりましょう!

Text By YooMin Kang
参考=KBS

健康な毎日には食生活の改善が必要!

ゴマ(胡麻)を見直すと若々しさが戻ってくるかも

野菜はなぜカラダにいいのか?

キノア(Quinoa)とは何か/ダイエットに活用できるスーパーフード

ページ:
1

2

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国に旅行に行く楽しみの最たるものは、やはりおいしい料理を食べることではないだろ…
  2. チヂミは、韓国では「ジョン」とも呼ばれる。この「ジョン」は昔から宮廷でも作られて…
  3. 関ケ原といえば、天下分け目の決戦の代名詞。古戦場は東海道線の関ケ原駅から近い。東…

注目記事のエッセンス1

記事「初心者でも大丈夫!おいしいキムチの作り方」

白菜は、塩漬けしたものを用意する。自宅で漬ける場合は、大きめのボールに入れた白菜の根元にまんべんなく塩を入れ込み、呼び水となる薄めの塩水を下に引いておく。呼び水を入れる理由は、日本の白菜は水分が少なめだからだ。
そして、重石をのせて一晩寝かせる。翌日に白菜の塩水を捨てながら、塩加減を調整していく。日本のおしんこより塩味が少し薄いくらいがちょうどいい。
また、面倒なときは、白菜の塩漬けを買ってくるという方法もある。
さらに、キムチ作りに欠かせないのが味の決め手となるヤンニョム。これをつくる際は、ごはんを入れることが大事なポイント。ごはんは糊の役目を果たし、キムチ全体にとろみを出してくれる。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。
そのチーズも2種類というのが基本。1つはモッツァレラチーズで、もう1つはチェダーチーズである。鉄板の中央に2種類のチーズがたっぷり載せられている光景は、まさに圧巻である。

ページ上部へ戻る