『華政』の主人公/貞明(チョンミョン)公主の人生!

洪柱元(ホン・ジュウォン)と結婚

西宮での暮らしは不便だった。
西宮の門はすべて閉鎖されて外部とまったく接触できなかった。そのうえで、餓死しない程度のわずかな食糧を支給されるだけだった。
そんな苦しい境遇の中でも、貞明公主は希望を捨てなかった。
そして、ついに恨みを晴らす日がやってきた。光海君(クァンヘグン)の王位に対するクーデターが1623年に起こったのである。
このクーデターは成功し、光海君が王宮から追放されて新たに仁祖(インジョ)が即位した。




王女として本来の身分に戻った貞明公主。本当に美しい娘に成長していた。
そして、高官の息子であった洪柱元(ホン・ジュウォン)と結婚した。
洪柱元は1606年の生まれだった。貞明公主が1603年の生まれなので、婿のほうが3歳下だった。
結婚に際して、貞明公主に与えられた屋敷と土地は破格だった。貞明公主と洪柱元が住む屋敷は、王宮の昌徳宮(チャンドックン)にとても近く、敷地も広かった。さらに、貞明公主は屋敷とは別に、地方に広大な土地を与えられた。すべて母の仁穆王后が仁祖に要求して実現させたものだった。
「いつまでも、この幸せが続くように……」
仁穆王后はそう願い続けた。(ページ3に続く)

韓国女子に聞いてみる!完璧な美白肌を手に入れる7原則

美しさを保つ女優ハン・ヒョジュが大好きなものは?

これが冬の新しい定番!韓国コスメ・ファンデーション

絢爛たるパク・ボゴム!『雲が描いた月明り』の世子の役で大人気

ページ:
1

2

3

関連記事

各ジャンルの紹介

本サイトは以下のようなジャンルに分類されています。左上にカラーで色分けされた各ジャンルがありますので、それぞれにクリックをして目的のジャンルにアクセスしてください。

〔各ジャンルの分類〕
●オススメ記事
●韓流
・韓流スター
・トッケビ
・ドラマ
・兵役
●ヘルシー
●ビューティー
●グルメ
●韓国時代劇の人物
●歴史
・日本の歴史
・韓国の歴史
●旅行/エッセイ
・旅行
・散策
・ワガマ散歩
・恋愛博物館
・黒猫ミネット日記
●編集部

注目記事のエッセンス1

記事「初心者でも大丈夫!おいしいキムチの作り方」

白菜は、塩漬けしたものを用意する。自宅で漬ける場合は、大きめのボールに入れた白菜の根元にまんべんなく塩を入れ込み、呼び水となる薄めの塩水を下に引いておく。呼び水を入れる理由は、日本の白菜は水分が少なめだからだ。
そして、重石をのせて一晩寝かせる。翌日に白菜の塩水を捨てながら、塩加減を調整していく。日本のおしんこより塩味が少し薄いくらいがちょうどいい。
また、面倒なときは、白菜の塩漬けを買ってくるという方法もある。
さらに、キムチ作りに欠かせないのが味の決め手となるヤンニョム。これをつくる際は、ごはんを入れることが大事なポイント。ごはんは糊の役目を果たし、キムチ全体にとろみを出してくれる。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。

ページ上部へ戻る