光宗(クァンジョン)!高麗王朝4代王の実像

 

936年に朝鮮半島を統一した高麗(コリョ)。当初は有力な豪族たちがひしめいて、国もまだ不安定だった。そんな初期の高麗王朝で名君と称されたのが、4代王の光宗(クァンジョン)だった。イ・ジュンギ主演の『麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち~』で主人公になった王だ。果たして、どんな人物だったのだろうか。

奴婢按検法とは何か

光宗(クァンジョン)は、高麗王朝を建国した王建(ワンゴン)の四男だった。
彼は複雑な政治家一家の中で育った。
異母兄の2代王・恵宗(ヘジョン)は、定宗(チョンジョン)によって王位を追われた。定宗は、光宗の実兄である。しかし、その定宗も即位4年で病床に伏した。その結果、光宗が4代王として即位した。
彼は若く壮健で、支持者もしっかりとしていた。
何よりも、頭脳明晰だった。成し遂げた成果も多い。




画期的だったのが、956年の「奴婢按検法」であった。
これは、どんな法律なのか。
実は、奴婢の身分を調査して平民出身だった者の立場を回復する法律なのだ。
しかし、奴婢按検法が出ると、建国に貢献した豪族たちが激怒した。当時、奴婢は戦時に捕虜になった平民が多く、彼らは有力豪族たちの私兵として働いていたからだ。それを解放してしまうと、豪族たちは兵を減らす結果になってしまう。それゆえに、豪族たちは抵抗したのだ。
それに構わず、光宗は958年に、人材登用を目的に「科挙」を採用した。(ページ2に続く)

俳優イ・ジュンギの流儀!全力で演技して常に挑戦し続ける

〔紹介〕常にファンのそばにいるイ・ジュンギが愛される理由

トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?

粛宗(スクチョン)の母が張禧嬪(チャン・ヒビン)を王宮から追い出した!

ページ:

1

2 3

関連記事

注目記事のエッセンス1

記事「初心者でも大丈夫!おいしいキムチの作り方」

白菜は、塩漬けしたものを用意する。自宅で漬ける場合は、大きめのボールに入れた白菜の根元にまんべんなく塩を入れ込み、呼び水となる薄めの塩水を下に引いておく。呼び水を入れる理由は、日本の白菜は水分が少なめだからだ。
そして、重石をのせて一晩寝かせる。翌日に白菜の塩水を捨てながら、塩加減を調整していく。日本のおしんこより塩味が少し薄いくらいがちょうどいい。
また、面倒なときは、白菜の塩漬けを買ってくるという方法もある。
さらに、キムチ作りに欠かせないのが味の決め手となるヤンニョム。これをつくる際は、ごはんを入れることが大事なポイント。ごはんは糊の役目を果たし、キムチ全体にとろみを出してくれる。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。
そのチーズも2種類というのが基本。1つはモッツァレラチーズで、もう1つはチェダーチーズである。鉄板の中央に2種類のチーズがたっぷり載せられている光景は、まさに圧巻である。

ページ上部へ戻る