〔紹介〕常にファンのそばにいるイ・ジュンギが愛される理由

 

なぜ、イ・ジュンギはファンのことを極限まで思い続けることができるのか。そのことを考えていくと、彼が長くファンに愛されている理由がわかってくる。「演技を長くするためには、ファンと離れてはいけないんです」という彼の言葉も頼もしい。

自分のありのままを見せる

スターにとってファンは、なくてはならない存在だ。
いや、ファンなしではスターというものは最初から存在できない。
星がいくら輝いても、それを見てくれる人がいないと何の意味もない。それだけに、スターがファンを大切にするのは当たり前だともいえるが、スターはときどきファンという存在を面倒くさがったり、知らない間に無視したりする。多くのスターがファンの愛情で育てられるが、後にはファンを軽んじる間違いをおかしやすいのだ。
特に、一朝一夕に人気を得たシンデレラ型のスターなら、どうしてもファンのありがたみがわかりづらい。




しかし、イ・ジュンギは、誠実にファンと接する。彼はファンと自分は一つの家族だという。つまり、ファンは俳優イ・ジュンギの成長を見守ってくれる家族のような存在なのだ。
だからなのか、イ・ジュンギのファンには中高年も多い。ファンは本当に、イ・ジュンギが自分たちの子供や甥であるように世話をする。イ・ジュンギをインタビューする雑誌社には、彼のファンクラブから餅が送られるというのはその一例とも言えるだろう。
ファンがこのようにイ・ジュンギを身近に感じるのは、彼が自分のありのままをファンに見せているからだ。もしイ・ジュンギが自分を隠したり飾ったりするスターだったら、ファンはこれほど彼を親しく思わないだろう。(次ページへ)

俳優イ・ジュンギの流儀!全力で演技して常に挑戦し続ける

光宗(クァンジョン)!高麗王朝4代王の実像

笑顔に魅了されるパク・ボゴムの「笑わない表情」も素敵!

ヒョンビンとソン・ジュンギ!兵役で名をあげた俳優

ページ:

1

2

関連記事

注目記事のエッセンス1

記事「初心者でも大丈夫!おいしいキムチの作り方」

白菜は、塩漬けしたものを用意する。自宅で漬ける場合は、大きめのボールに入れた白菜の根元にまんべんなく塩を入れ込み、呼び水となる薄めの塩水を下に引いておく。呼び水を入れる理由は、日本の白菜は水分が少なめだからだ。
そして、重石をのせて一晩寝かせる。翌日に白菜の塩水を捨てながら、塩加減を調整していく。日本のおしんこより塩味が少し薄いくらいがちょうどいい。
また、面倒なときは、白菜の塩漬けを買ってくるという方法もある。
さらに、キムチ作りに欠かせないのが味の決め手となるヤンニョム。これをつくる際は、ごはんを入れることが大事なポイント。ごはんは糊の役目を果たし、キムチ全体にとろみを出してくれる。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。
そのチーズも2種類というのが基本。1つはモッツァレラチーズで、もう1つはチェダーチーズである。鉄板の中央に2種類のチーズがたっぷり載せられている光景は、まさに圧巻である。

ページ上部へ戻る